2012年06月16日

「坂道のアポロン」ジャズ名作

もう読みましたか?

このコミックは青春物語ですけれど、
主人公の西見 薫くんは
何と!ジャズ・ピアノを弾くのですよ。

「坂道のアポロン」 (1)
(フラワーコミックス) [コミック]
小玉 ユキ (著)





この表紙が
西見 薫(にしみ・かおる)くん。

誰かに似ていませんか?

初期のビル・エヴァンスを
モデルにしているんですね。

ジャズ・ファンだからこそ
楽しめる場面が少しずつありますよ。

物語の全体は青春ドラマですけれど、
心理描写も良く出来ていて名作ですね。

坂道のアポロン (1) (フラワーコミックス)

出版社 / 著者からの内容紹介

恋と友情と音楽。思春期というものは、
いつの時代も眩しくて少し苦い。

60年代後半、地方の町を舞台に、
ナイーブ男子とバンカラが繰り広げる
直球青春物語。

1966年初夏、横須賀(よこすか)から
地方の高校へ転入した薫(かおる)。

幼い頃から転校の繰り返しで、
薫にとって学校は
苦しいだけの場所になっていた。

ところが転入初日、とんでもない男と出会い、
薫の高校生活が意外な方向へ変わり始め…!?

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

以下は第9巻。これで完結です。
(番外編が秋頃、出るらしい)

第1巻から全巻読みましたけれど
面白かったです。

これは名作ですね。

「坂道のアポロン」 (9)
(フラワーコミックス) [コミック]
小玉 ユキ (著)





坂道のアポロン (9) (フラワーコミックス)

<内容説明> Amazonより

見逃せない本編完結!特別カラーも収録!

事故で妹を負傷させてしまったことを
きっかけに、薫や家族の前から
突然姿を消してしまった千太郎。

千太郎はどこに、どんな思いで…!?

薫は喪失感から律子を傷つけてしまい、
さらなる失意の中
1人東京の大学へと進む。

千太郎と薫は、再会できるのか?

薫と律子の恋は
このまま消滅してしまうのか?

鮮やかな季節の行く先は…!?

感動の涙があふれる、
本編完結のスペシャル巻。

美しいカラーページも必見!

【編集担当からのおすすめ情報】

フジテレビ「ノイタミナ」ほかにて
アニメ化。
渡辺信一郎×菅野よう子!

ジャズ等音楽溢れる本作ならでは!


terusannoyume at 12:49│Comments(0)TrackBack(0) 「ビル・エヴァンス」研究 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集