2012年05月30日

精神世界の教科書

芸術家は
精神世界を理解していなければならない。

なぜなら、永遠に残る作品は、
あちらの世界から降りてくるからだ。

また、それらの世界を知らない人達に
作品を通して伝える使命があるからだ。

「精神世界の教科書」
[単行本(ソフトカバー)]
松村 潔 (著)

<内容紹介> Amazonより

多種多様な精神世界分野は
どう絡み合っているのか、
霊的な力は
どのようにして発揮されるのか、
どのようなトレーニングを積めば
霊的な力を手に入れることができるのか
……
精神世界探求の第一人者が
懇切丁寧に解説します。

「精神世界年表」&
「精神世界キーワード解説」付!

スピリチュアルに関心のある
一般読者から精神世界に携わる人まで、
まさに「必携の書」です。





精神世界の教科書

<目次>

プロローグ
精神世界とは

第1章
精神世界はどう発展してきたか

アメリカで始まったニューエイジ運動
オウム真理教事件で打撃を受ける
内面の探求の行き着く先
精神世界を題材にしたアニメが次々ヒット
精神世界はマイナスを補うためか、
それともさらならプラスを生むためか
精神世界にかわるものを
誰でもひとつは求めている

第2章
精神世界で読み解く
日本人のルーツと未来像

今日的精神世界
光の文化とマナの文化
太陽神信仰と星信仰
三輪山の巫女、針金のような女性
環太平洋の島々で色濃く残るトランス文化
宇宙人あるいは宇宙的な存在
翼を持つことと、
根を持つことは矛盾していない
日本人の特殊性
非個性の日本人は意図的に設計された

第3章
精神世界においての「脳」の位置づけ

精神世界のさまざまな種類
脳への働きかけ、変性意識
3つの脳
超能力の作用は古い脳に関係する
脳は3パーセントしか使っていない
という説
リモート・ヴューイングで成功する人と
失敗する人の違い
地球神経ネットワークそのものに
同調すること
脳は目の前のものを全部見ていない
宗教・神秘主義、精神世界の目的は
長期的素材に、
心身組織を建て替えること
生命の樹での脳の位置づけ
バイノーラルビート
タロットカードに描かれた意識のステップ
フォトリーディング

第4章
「前世」の本質

ヒプノセラピーや前世療法
プラトン年、月、日
点の数を増やすこと

第5章
より大きな意識の自分を回復するために

過去からエーテル体の乗り物を取り戻す
自分の大きな結晶をつくる
上と下は複雑系的な関係
72年単位から2200年サイクルへ
つながるためのつなぎの蛇、筒
先天的に目覚めた人はいない
神智学と、プラトンサイクルは出発点が違う
シュタイナーとグルジエフの体系の類似性
図形認識、数字のロゴス
16分割の発想もある
忽然と消えた種族

第6章
空間的に散りばめられた
大きな自己の部品を回収する

旅行や、歩き回ることで回収する
系列の異なるラインから適したラインを選び出す
走ることでつながる
鎌倉から富士山へ

第7章
脱同一化と変成意識

アサジョーリのサイコシンセシス
ねぶた祭り
阿波踊り


第8章
古脳や潜在意識を刺激する

タロットカードのパスワーク
西洋占星術とアカシックリーディング
サロスサイクルは魂の受胎設計図
という発想法
神聖幾何図形
ヨガ

第9章
精神世界の要素を持つセラピー

東洋医学や療法、セラピー、ヒーリング
シータヒーリング
マトリックス・エナジェティクス
音楽療法

第10章
霊的意識の目覚めへ、
できることから始めよう


食事
パワーストーン、
水晶スクライイング

巻末資料1
精神世界年表

巻末資料2
精神世界キーワード解説
宗教/思想・学問/日本にまつわること/
占い/自己啓発/スピリチュアルキーワード/
世界の文化/UFO、オカルト/人間の能力/
心理学/代替療法/社会の動き/人物/
文化の中のスピリチュアル・オカルト


terusannoyume at 05:04│Comments(4)TrackBack(0) 精神世界は面白いよ! 

トラックバックURL

この記事へのコメント

2. Posted by akemi   2012年06月05日 18:10
初めてコメントさせて頂きます。
2008年のブログを拝見しました。
美内すずえさんの「アマテラス」の事を書かれていたブログです。
私も「アマテラス」が大好きです。(1冊ずつしか持っておりませんが。)
少女革命の2話も持っております。
将来単行本になると思っていましたので、大事に保管していなかったのが悔やまれます。
 精神世界の教科書も私が気になっている内容が多く書かれているようです。
良い情報をありがとうございます。
3. Posted by akemi   2012年06月06日 23:29
続けてコメントというより、お伺い致します。
京都に住む妹にテル先生の事を話しましたら、京都でも先生に直接教えておられるのか尋ねられました。
もし、教えておられるのでしたら見学させて頂きたいと申しております。
妹は京都市在住です。
4. Posted by テル先生より   2012年06月07日 01:40
京都には毎月2回、ずっと行っています。
ちょうど今週末から行きますので、妹さんに連絡するように伝えて下さい。
このブログ右上に「京都ドリーム音楽院」のリンクがあります。
ホームページからメールで問い合わせ出来ます。
場所は、四条烏丸のすぐ近くです。
5. Posted by akemi   2012年06月07日 15:42
テル先生
ありがとうございます。
早速、妹に伝えます。
四条烏丸なら近いと思います。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集