2011年08月05日

上達のために必要なこと

「即興演奏は出来ない」と思っている人に、
その考えが間違っていることを説明する。

なぜ、その考えが間違っているのか、
じっくり説明する。

そして具体的な弾き方、上達方法を教える。

そうすると、かなり弾けるようになる。

けれども、
まだまだ本当の実力は出していない。

いや「出していない」というよりも、本人は
「これぐらいしか出来ない」と思っている。

誰でも自分の限界を信じているんだね。

「自分はこれぐらいが限度」と思い込んでいる。

子供の頃から自分の限界を信じて来たからね。

でもね、
それは自分が勝手に決めた「思い込み」なので
その「思い込み」(心のブロック)を外してやると
見違えるように上手くなる。

そのためには具体的な学習方法も
同時に教えなければダメだけれど…。

長年そんな生徒達を見て来て、いつも思うのは
人間は自分で限界を決めていて、
その限界を信じているんだね。

自分ではなかなか気が付かないよね。

「私は、もっとアドリブが出来るんだ」なんて。

そんなことは誰も言ってくれなかったし、
具体的な練習方法も教えてくれなかったから。

だから「弾けない」と思い込んでも当然のこと。

            ☆

私が教える時に、いつも考えているのは、
「どうやって心のブロックを外すか?」ということ。

生徒ひとりひとり音楽歴が違うから難しいけれど。

でも生徒各自の良さを引き出せた時は、
本当に嬉しいよね。

terusannoyume at 00:51│Comments(0)TrackBack(0)愛と感謝の即興演奏法 | 坂元輝ジャズピアノ教室

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集