2011年04月13日

テル先生のレッスン(9)

今回は、

「なぜ、スケールが大切なのか」

「コードの課題とスケールの課題を
レッスンでやっているのは、なぜ?」

という話です。

         ☆

すべての曲には
各小節に合うスケールがあります。

ある曲を練習する時に、
小節ごとに使用スケールを教えておくと、
アドリブの時に使えます。

ただし、スケール音を
デタラメに弾いてもダメですので、
ポイントになる音やコツを教えて、
実際に弾いて聞かせます。

「この材料を使うと
結果は、こんなふうになるのか」
 という実例が分かると、
  誰でも弾けるようになります。

これはスケールだけでなく、
いろいろなアドリブの材料を教えた時も、
必ず実例を何回か弾いて聞かせています。

そうしないと生徒は、分かりませんから。

いろいろな材料を教え、
必ず実例を弾いて聞かせること。

これが
誰でも弾けるようになるレッスンの条件。

話は少し横道に行ってしまいましたが、
スケールに関しては、アドリブだけでなく、

ルートを省略した左手コード、
あるいは、両手のコード、そして
ルートがある両手コードなどを作る時にも
必要になってきます。

左右の手で弾いている音が一致してきます。

つまり、右手のアドリブ音と、
左手コードのテンション音が一致します。

この段階は、
話が複雑になってきますので
詳しく説明しながら
実際にコードとアドリブ弾いて、
左右が一致していることを教えます。

それ以外にも
上から解決するアプローチ・ノートにも
スケール音を使用しますので、
レッスンでは
必ずスケールの課題をやっているのです。

とにかく、いろいろな技法を教わって、
応用の仕方まで詳しく教わると、
誰でも必ず上達しますよ。

terusannoyume at 23:56│Comments(0)TrackBack(0) 坂元輝ジャズピアノ教室 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集