2011年04月07日

テル先生のレッスン(6)

ジャズピアノ・レッスンは
3つの課題を並行して行っています。

(1)スケールの課題
(2)コードの課題
(3)曲(アドリブ)

(1)スケールの課題
いろいろなスケールの課題を学びます。

なぜスケールが必要なのでしょう。

アドリブに使うためでもありますが、
左手コード、両手コードのテンションを選ぶ時にも
必要になります。

スケールをただ覚えるだけでなく、
実際に使えるように学んで行きます。

(2)コードの課題
基本コード、転回型、テンションの入ったコード、
典型的なコード進行などを学びます。

ジャズピアノは複雑なコードを使いますので、
基本からしっかりと学ぶことが大切です。

順序立てて教わると、
複雑なジャズコードや、いろいろなコード進行を
使いこなせるようになります。

(3)スタンダード曲を弾く。(アドリブも)

(1)と(2)は
ジャズピアノを弾くために必要な材料です。

材料を学びながら並行して
スタンダード曲に応用していきます。

「材料を、どのようにして使うのか?」

1小節ずつ弾きながら詳しく説明しますので
誰にでも理解出来ます。
(…と、思っていたのですが…)

生徒は初心者が多いですので、
いろいろと誤解、勘違いします。

でもレッスンに来ていれば、すぐ指摘されて、
正しい方法に直せますから安心して下さい。

ジャズ理論書の内容を実際に使いこなすのは、
教わらないと、なかなか分からないのでは?

「ジャズ理論書が分からなくても当然」
「決してあなたの才能がない訳ではない」
ので、安心して下さい。
(変な励まし方ですが…?)

terusannoyume at 23:56│Comments(0)TrackBack(0) 坂元輝ジャズピアノ教室 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集