2011年04月05日

テル先生のレッスン(4)

テル先生のジャズピアノ・レッスンは
3つの課題を並行して行います。
(通常の場合ですが)

(1)スケールの課題
(2)コードの課題
(3)曲(アドリブ)

(1)と(2)はジャズピアノを弾くための材料で、
(3)は材料を応用して曲を弾けるようにします。

材料がないと料理は出来ませんね。

それと同じで、
材料を知らないとアドリブが出来ません。

逆に言うと、
材料を知って、どう使えばいいのかを教わると
誰でもアドリブが出来るようになります。

今までアドリブを弾けなかった人は
材料を知らなかった、
あるいは材料を知っていても、
どのように使えばいいのかを教わらなかった。

レッスンでは、その材料を使って
テル先生が生徒の目の前で弾いて聴かせます。

毎回レッスンで新しく教わる技法を使って、
<演奏に応用すると、どのようなるのか?>
その具体例を弾いて聴かせますので、
ものすごくよくわかります。

先生が勝手に好きなように弾くのでは
初心者が聴いていても(見ていても)
「何を弾いているのか?」
まったく分からないと思います。

しかし、
教えた技法に限定して弾くのですから
初心者でも大変よく分かります。

仮に、その時に分からなくても、
生徒はレッスンを録音して持ち帰るので、
家で何回も繰り返して聴けば必ず分かります。

それでも分からなければ、
(そんな人はいませんが)
次のレッスンの時に質問すれば解決します。

そのように手取り足取り教えていくと、
誰でもアドリブは弾けるようになります。

(続く)


terusannoyume at 23:53│Comments(0)TrackBack(0) 坂元輝ジャズピアノ教室 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集