2010年05月29日

「The Man I Love」分析1

「ガーシュウィン・ソングブック」は、
作曲者本人が選曲した楽譜集だ。

テーマのみをピアノ・ソロ用に編曲してあり、
ほとんどの曲が2ページなので難しくない。

初心者でも(がんばれば?)弾けると思う。

それとコードの使い方が勉強になるので
分析を始めることにした。

ガーシュウィン ソングブック 解説付 (zen-on piano library)

「The Man I Love」(私の彼氏)から始める。

17ページを開こう。

3段譜になっているけれど驚かないでね。
1人で弾けるから…。
2段譜では見難くなるので3段譜にしたようだ。

まずは「形式」を書き込もう。

[A1] 1〜8

[A2] 9〜16

[B] 17〜24

[A3] 25〜33

では、弾いてみよう。

弾いたら、次に分析してみよう。

最初は自分でやってみることだ。

(次回に続く)

terusannoyume at 23:29│Comments(1)TrackBack(0) 「ガーシュウィン」分析研究 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by なな   2010年05月30日 17:47
5 うわ〜、分析まで始めて下さるなんてとても嬉しいです。
昨日ソングブックを入手できました♪
これから向かい合ってみます(^-^)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集