2010年04月30日

才能を引き出す方法!

あなたの才能を引き出すには、
どうすればいいのでしょうか?

その答が、これです。

「親ばか力」
〜子どもの才能を引き出す10の法則〜
辻井いつ子 (著)

辻井伸行の母・いつ子さん3冊目の本。

前2冊は以前ブログで紹介しましたね。
私は何回も読み返しました。

今日の風、なに色?

のぶカンタービレ!

今回の新刊は、どのように才能を引き出すか?

本のタイトルには「子どもの〜」とありますが
大人にも応用出来る法則です。

あなたがジャズ・ピアノを
弾けるようになる法則でもあります。

親ばか力 子どもの才能を引き出す10の法則

<内容紹介>Amazonより

◎「徹子の部屋」(テレ朝系)で2日連続紹介! 大反響!!
◎「金スマ」(TBS系)に著者出演予定!
  (5月7日(金)放送予定)

◎ 国際ピアノコンクールで優勝した辻井伸行さんの
母・いつ子さんが子育て術を初公開!

「親ばか」だからこそ、才能を育てられる!

現在、世界的なピアニストとして活躍する
息子の伸行さんは赤ちゃんのころ、
自宅や外出時の生活雑音に敏感に反応し
いつも泣いていました。

掃除機の音で泣き、
スーパーに入った途端に泣くその様子は、
一般の母親からすると困った状況ですが
いつ子さんはそうは考えませんでした。

「この子は、耳の感度が
  人より優れているのかもしれない…」

泣くことを短所と考えのではなく、
長所と考える。

2歳3カ月のとき、
いつ子さんが歌うジングルベルに合わせて
伸行さんが
おもちゃのピアノでメロディーを弾いたとき
「この子は天才かもしれない!」
と確信します。

「この子には音楽の才能がある!」と。

いつ子さんにとって
子どもの才能を引き出す一番のポイントは、
「親ばか」になること。

彼女はピアノを弾く伸行さんにより添いながら
いつも「伸りん、上手!」「すごいね」
とほめてきました。
「ほめて伸ばす」というものではなく、
心の底から伸行さんのピアノが上手だと感じたから。

「親ばか力」

これはモンスターペアレントをはじめとする、
自己中心的な親ばかになることではありません。

親が子どもの可能性を信じて、よく観察する。
そして、たっぷりの愛情をもってほめ、
応援することで、
子どもの才能を引き出してあげる力のこと。

これこそが、いつ子さんの子育て法です。

本書では、
「子どもの才能を引き出す10の法則」
を完全公開。

1.子どもの可能性を信じる
2. よく観察し、才能の種を発見する
3.始めるのに「早すぎる」はない
4.思いっきりほめる、抱きしめる
5.ネガティブな言葉は使わない
6.ファン第1号になる
7.ひらめいたら即アクション
8.本物に触れさせる
9.いい先生を見つける
10.明るく楽しく、あきらめない

わが子の才能をいかに見つけ、引き出したか、
自身の経験をもとに、
子育てのポイントを詳しく紹介します。

自身の公式サイト
「辻井いつ子の子育て広場」
http://kosodate-hiroba.net/
に寄せられる親御さんからのお悩みにも答えた
子育て、孫育て中の方、必読の1冊です!





内容(「BOOK」データベースより)

「ウチの子は天才かも!」
と思い続けられることが大切なのです。

ピアニスト辻井伸行の母が子育て術を大公開。

ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール優勝記も掲載。

terusannoyume at 23:57│Comments(0)TrackBack(0) 効果的なアドリブ上達法 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集