2010年01月08日

楽曲分析は楽しいぞ!

今回は、あなたに分析を楽しんでもらう。

誰にでも出来る課題なので安心していい。

ジャズ理論を知らなくても全員必ず出来る。

教材は、上原ひろみ完全コピー譜を使う。
      (ブログ右側で紹介)

楽譜を持っていない人は、CDでもいい。

楽譜もCDも持っていない人は動画でいい。
(ブログ左側カテゴリ「上原ひろみ分析研究」
 の中に動画が何曲かあります)。

これで全員、教材は持っていることになるね。

それでは、今回のサルでも出来る分析課題!

始まり、始まり〜〜〜〜。

         ☆

ひろみのアドリブは半音階をよく使う。
と言っても1曲の中で多用する訳ではない。
非常に上手く効果的に使っている。

さあ、
それでは楽しい楽しい楽曲分析課題です。

  <あなたが幸せになる課題>

ひろみのコピー譜(またはCD,動画)の中から
 半音階を使っているフレーズを見付けなさい。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この課題なら
ジャズ理論を知らない人でも出来るよね。

そしてね、
この課題って、スゴ〜ク勉強になるんだぞ。
(特に中級〜上級者はしっかりやっておこう)

おっと、この話は長くなるので後日にしよう。

とにかくゲーム感覚で
   「半音階」発見の旅に出発するのだ!

terusannoyume at 18:51│Comments(0)TrackBack(0) 「上原ひろみ」分析研究 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集