2009年12月04日

「プレイス・トゥ・ビー」(3)

「プレイス・トゥ・ビー」(作曲・上原ひろみ)

   <楽曲分析と即興演奏の練習方法>

楽譜(ブログ右側に案内あり)の13ページを開こう。

前回までは、
 「A1」「A2」(12ページ)についての
          説明をした。

今回は、
「B」(13ページ)のコード進行を学ぼう。

        「B」

|FM7|G7(sus 4)|Am7|B♭M7|

|Am|Dm|G7|C C7|

まずは、ここまで(8小節)を楽譜に書き込もう。

書き込んだら、メロディーを調べよう。

「ド、レ、レ、ド、ド、レ」から始まるメロディーは
4小節で一段落して、次の4小節も同じメロディーだ。

つまり、ここのメロディーは、
4小節の同じメロディーを2回繰り返している。

ああ、それなのに…、

<コード進行は、別のものを付けている!>

いいかい。<ここが肝心>なところだ。

同じメロディーに同じコードを付ける。

これは初心者で誰でも(サルでも)出来る。

同じメロディーに別のコード進行を付ける。

「しかも、さりげなく、ごく自然に!」

これが「達人のワザ」なんだぞ!

このようなところを、よく研究して学ぶんだ。

演奏する時は、よく味わって弾こうではないか。

          ☆

次に進もう。

2段目の4小節目からだね。

|F|C(Bass E)|E♭7|Dm7|

|A7|Dm7|E7|

ここまで、7小節で、3段目の最後まで来たね。

次の4段目、4小節(繰り返しの小節まで)は

イントロと同じコード進行だ。

|Am|Em|Dm|Em|

ここまでを楽譜に書き込もう。

書き込んだら、
  メロディーとコード進行をよく見て
     自分で分析してみよう。

またまた「達人ワザ」を発見出来るぞ!

「ね、あったでしょう?」

ちなみに「E♭7」は

「Dm7」に行くための「A7」の代理コードだ。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

曲を分析するだけで作曲やアレンジの勉強になる。

ひろみ作品からいろいろなことを学んで、
   あなたの音楽能力を向上させていくといい。

「じゃあ、また明日、ここで会おうぜ!バイバイ」

terusannoyume at 06:21│Comments(0)TrackBack(0) 「上原ひろみ」分析研究 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集