2009年09月25日

テンションの一致とは?

読者の方からコメントで質問がありましたので、
   今回の記事は、その回答です。

本来ならコメント内で答えればいいのでしょうが
  みんなにも役に立つ内容と思いますし、
コメントまで読まない人もいるでしょうから
   この本文で答えることにしました。

昨日の記事のポイントは、

〜「G7の代理でD♭7が使える」と言っても
 いつでもどこでも使えるわけではありません〜

私は短い文の中で、
  このことを伝えようとしたのですが
    その後に余計な文章を書いてしまいました。

説明も足りなかったようです。

では、ここから質問です。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

1. Posted by *** 2009年09月24日 13:45

*いつも楽しく読ませていただいております。

☆読んでくれて、ありがとう。

*この記事に関して質問させてください。

>さらにジャズは複雑で、
>左手コードのテンションを一致させること。

とあるのですが、ここがよくわからなかったです。

☆申し訳ありません。
 代理コードの記事で書かなくてもよかったかもしれません。
         と言うのは、
 代理だけでなく他のところでも当てはまることだからです。

*「右手と左手のテンションを一致させる」
  ということでしょうか。

☆そうですね。
 右手のフレーズと左手コードのテンションを
       一致させるのです。

具体的に言うと、
右手フレーズに「9」があるのに、
左手コード「♭9」が入っていたら合わない。

あるいは
左手コードに「♭9」があるなら
右手フレーズで「9」を使おうと思ったら「♭9」にして
両手のテンションを統一するということです。

*「テンションの一致」というのは
  「同じテンションを用いること」でよいのでしょうか。

☆上の説明だけでは、そのように思われてしまいますね。

実は違うのです。

「同じテンションを用いる」ということではありません。

「一致」という表現では、そう思われてしまいますが、
  私が言おうとしたことは次のことです。

正しくは〜

フレーズで使うスケールのテンションと「一致」させる。

具体的に説明すると

「G7」のフレーズを「ミクソリディアン」で弾いているのに
左手コードに「♭9」や「♭13」が入っていたら変でしょう
       ということですね。

左手コードも「9」や「13」で両手のテンションを一致させる。

そして、ここからが肝心なところですが、

必ずしも同じテンションを使えという訳ではありません。

フレーズで「9」を使ったら、コードにも必ず「9」を〜

ではなくて「13」でもいいのです。

つまり
「ミクソリディアン」のテンションと一致していれば、
  フレーズは「13」、コードには「9」でもいい。
あるいはコードに「9、13」両方入っていてもいい。

そのスケール内のテンションで両手を統一すれば
左右どちらかに「9」、
もう片方に「13」でもいいのですね。

わかっていただけたでしょうか?

*私も編曲に興味があり、代理コードに苦戦していて
まさに、記事のとおり"何か変だな"と思う音だらけで
そう簡単にいかないことを実感してます。

☆そうですよね。
そのように実感している人は、問題ありません。
これから勉強を続けていけばよいのですから…。

私が今回対象にしたのは、
 何も疑問を持たずに、
  明らかに変な音に気付かない人がいる
   と思って、一言書いておいたのです。

*お忙しいところ申し訳ありませんが、
返信お待ちしております。

☆質問してくれてありがとう。
 私も勉強になりました。
 頭の中にあるものを文章で人に伝えるのは難しいですね。

 決して言い訳ではありませんが、
前回の記事は
 代理コード(他のことも含め)は、
  簡単に使いこなせないので
   これからいろいろなことを学んでいきなさい、
     ということを伝えたかったのです。

 また、何かありましたらコメントして下さい。

terusannoyume at 11:31│Comments(1)TrackBack(0) 効果的なアドリブ上達法 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ななし   2009年09月25日 12:15
丁寧なご解説ありがとうございます。
しかもわざわざ記事にしていただけたなんて、感激です。

スケールに基づいた音使いをするためには、
やはり基礎練習が大切なのだと思いました。

勉強させていただきます。
本当にありがとうございました。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集