2009年09月08日

テル先生ちょっと頭が…

昨夜(7日)夜12時に
ぎりぎりで来たらログイン出来なかった。

その前に「カプースチン分析研究会」に
投稿しておいたから、まあよかったけれど。

たま〜に、こういうことが過去にあったね。

さて、今日はカプースチンの「ソナティナ」
(Op.100)のコード進行を書いておいた。

興味のある人は「〜分析研究会」に行ってみて。

力作だから。

これを、ざっとながめるなら数秒で終わるけれど、
  書く方は何時間も掛けて入力している。

もう寝不足になりそうで、午後からのレッスンに
ぎりぎりで(たまに遅刻して)行っちゃったよ。

生徒さま、ゴメン!

でもね、寝不足と言っても
寝る時はちゃんと寝てるから大丈夫だけれどね。

「カプースチンを毎日書くぞ!」と言って
   書き始めてから今日の投稿で2週間になる。

毎日書き続けるなんて大変なことだけど、
     自分の勉強になるから面白い。

明日の投稿から3週間目のスタート。

3週間続ければ習慣になるはずなので、
    あと1週間は何とか続けたい。

もちろん、それ以後も続けるつもりだけれど。

完全に習慣化してしまえば、
 余裕でこのブログは別記事を書けると思う。

早くそうならないかと思っているので、
もう少し待っててね。(甘い考えか?)

でもね、いつも言うけれど、カプースチンって
    本当にスッゴク勉強になるよ。

もしあなたが世界的に活躍している音楽家でも
カプースチンから学ぶことは沢山沢山沢山…ある。

まあ、それぐらいスゴイということだね。

特にジャズピアノを学びたいと思う人は、
  分析研究会のブログを毎日読んで、
    楽譜に書き込めば沢山のことが学べるはず。

こんなブログは絶対に他にはないと思う。

だってね、毎日毎日、何時間も掛けて書くんだよ。

無料でやっているんだよ!(趣味、道楽だからね)

こんなバカなことをする人は
 余程<頭がおめでたい人>しかいないと思う。

あ、と言うことは、テル先生は、ちょっと頭が…?

まあ、何と思われても、しばらく続けるつもりだ。

カプースチンの魅力を
      多くの人に知ってもらうためにね。

terusannoyume at 01:40│Comments(2)TrackBack(0) 「カプースチン」分析研究 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by トム ジョビヨ   2009年09月08日 02:26
先生、いつもたくさんのことを教えていただきまして、ありがとうございます。

最近、よい楽譜を購入しました。といってもボサノヴァの楽譜です。


北條 直彦 著 "CDB41 ピアノでボサノヴァ 2 CD付き"

vol.1は現在、入荷待ちです♪たのしみ♪

ソロピアノとピアノトリオ用のアレンジメントがあり、曲数は少ないのですが、とても実用的、応用できるので気に入っています。

今まで購入したボサノヴァの楽譜にはないタイプ。
2. Posted by テルさん   2009年09月18日 01:08
久し振りですね。
ちゃんと勉強を続けているようですね。

カプースチン分析も一緒に学びましょう。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集