2009年08月22日

今日は重大ニュースだ!

今日、書店に行ったらスゴイ新刊を発見した。

  「和ジャズ・ディスク・ガイド」

1950年から1980年までに発売された
  日本ジャズの名盤レコードを紹介した本だ。

懐かしかった。

私が勉強を始めた頃のレコードも沢山紹介されている。

ジャズは外国のものと思っている人も多いでしょう。

でも、日本のジャズもいいもんですよ。





早速、明日、書店で見てみよう。

本を手に取ったら、
  第1ページ目をさりげなく開こう。

何と!何と!何と!そ、そ、そこには〜〜〜!

こ、こ、これ以上は言えない。

みんなビックリするぞ!

紹介文は、57ページを読もう。

そして読み終わったら、それで終わりではなく、
    今度は裏表紙をさりげなく見てみよう。

そうすると、

またまた、何と!何と!何と!そ、そ、そこにも

このブログでも見慣れた「あの名盤」のジャケット写真が!

これで、今までテル先生を軽く見ていた生徒たちも
      きっと尊敬するに違いない!

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この名盤? 私も気に入っているんだけれど、
1つだけ気に入らないのは、
   「ヒゲのお顔」の写真があること。

みんな、これが「テルさん」だと信じるよね?

この人の名前を写真下に書いてほしかったよ。

これは、私ではありませんよ。

このレコードを作った「ジョニーのマスター」です。

全国のファンの方、この事実を友達に伝えて下さいよ!

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

   いつもランキングの応援ありがとう。

 右上カレンダー下のバナー(二つ)です。よろしくね。

terusannoyume at 21:52│Comments(1)TrackBack(0) テルさんのCDと教則本 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by nana   2009年08月22日 23:25
5 わ〜 凄い事が起きたのですねっ!!!
明日早速書店に行ってみます(^O^)/

2009年になって、その頃のディスクガイドが発行される、、、そこにはまた何か意味があるのでしょうね。

そしてその中にテル先生が登場する、、、

やはりテル先生は日本中の人に●●を新しい方法で伝えいく役割を持ってこの世にいらしたのでしょうか。

そんな気がしましたo(^-^o)(o^-^)o

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集