2009年08月15日

信じなくていいからね

今日はお盆なので「あの世」の話をしよう。

辻井伸行さんの本2冊を繰り返し読んだ。

 と、以前このブログに書きましたね。

伸行くんが生後8ヵ月の頃、

ブーニンが弾くショパン「英雄ポロネーズ」
には喜んで反応するのに、

他のピアニストが弾く同曲には反応しない。

さて、ここからの話は信じなくていいです。

私は精神世界の本を何十年も読んでいます。

その世界で有名な人が言っていたのですが、

「ショパンがブーニンを指導している〜」らしい?

ブーニンの中に入って(手を借りて)弾いている。

信じなくていいですよ。

私は信じますけれど…。

つまり、この説を信じると、
 伸行くん(赤ちゃんだから、のぶちゃん?)は、
  ショパン本人が弾く演奏に反応したけれど、
    他のピアニストには何も感じなかった。

この時、ショパン本人に出会ったことになる。

そして、17歳になった伸行くんは
  ショパン・コンクールに挑む決心をする。

何で?

その理由は?

答えは、ここにあった。

2冊目の本「のぶカンタービレ!」の第1章

  <ショパンに、聴いてもらいたくて>

        … … …

今でもショパンが
「あちらの世界」で生きていることを
伸行くんも、著者のお母さんも、
  「どこまで信じているのか?」 
        私にはわからない。

しかし、
生まれてすぐに出会ったショパン先生に
 「ピアノを聴いてもらいたくて」と、
   本能的に思ったのではないだろうか。

技巧的に上手いピアニストを聴いても
    感動しないことがよくあると思う。

人が感動するのは「神がかり」な演奏では?

それは、つまり人間技ではなく、
 「あちらの世界」からの応援があること。

人の心に感動を与える芸術家には、
 目に見えない世界から強力な応援がある。

伸行くんのピアノ、ひょっとして
     ショパンが指導しているのかも?

あなたは、どう思うかな?

 (この話、続きます)

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  いつもランキングの応援ありがとう。

右上カレンダー下のバナー2ヵ所、よろしくね。

terusannoyume at 23:53│Comments(0)TrackBack(0) 精神世界は面白いよ! 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集