2009年08月09日

ジャズ理論講座のこと

最近ずっと考えていたことがある。

やりたいことは沢山あるんだけれど、

ジャズピアノ上達法や、ジャズ理論習得法

など、独自の方法を整理して伝えること。

「どうやって?」

具体的には、まだハッキリしていない。

今、こうして書きながら、

頭の中を整理しているのかもしれない?

私はジャズ理論書を読んだり、教わって、
  ジャズピアノを弾けるようになった。

つまり、ジャズ理論は教わったけれども、
    ジャズピアノは教わっていない。

ところがジャズ理論を教わっても
  弾けるようにならない人は沢山いる。

それは、どこが違うのだろう?

「才能?」

いやいや、それは違う。

何かコツのようなものがあるんだね。

その証拠に、まったく弾けなかった人が
上手く指導すると必ず弾けるようになる。

これは決して教室の宣伝ではない。

私が考えているのは、
 そんなちっぽけなことではない。

私が直接教えられる人数など限界がある。

そうではなくて、私が考えているのは、
もっと日本全国に伝えるやり方があるはず。

そこで悩むのが、
教室で懇切丁寧に教えても
(レッスンを録音して家で聞く方法でも)
必ずどこか勘違いする場合が非常に多い。

注。教室のことを書くと
「テル先生、私のこと書いたでしょう」
    と言う(思う)生徒が必ずいる。

決して特定の生徒ではなく、
ほぼ全員が何か勘違いすると言っていい。

「それって教え方に問題があるのでは?」

「…」

  … … … 〜 〜 〜

だからブログなどでは、
   かなりの人が勘違いしていると思う。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

まだ話は途中ですが
  もう今日の投稿の時間が来たので、
             急いで投稿します。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

わああ〜、11時59分に投稿したのに、
    エラーが出て夜0時になってしまった!

8月8日の投稿だったはずなのに、
  9日になってしまったではないか!

く、く、くやしい。

ここは冷静に、何事もなかったように続けよう。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

それで、ブログなどでも勘違いされない方法。

そんな方法なんてあるだろうか?

     最近そんなことを考えていたんだ。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ここから冷静に続けようと思ったのですが、
  深夜になって、お腹が空いて来て、
       とても冷静になれません。

今からコンビニで「梅おにぎり」と
   「あんぱん」(こしあん)と
ヘルシーな「フルーツ・ミックス・ゼリー」
           を仕入れて来ます。

それがお腹に無事に届いてから続きを書きますね。

じゃあ、バイバイ!

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  〜 〜 朝になった 〜 〜

ごめん、ゴメン!

その後、お腹が落ち着いたら眠たくなって来て
寝てしまったんだ。許して!

続きは後日に…。

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ランキング応援よろしくね。

  右上カレンダー下のバナー2ヵ所です。

terusannoyume at 00:00│Comments(0)TrackBack(0) 効果的なアドリブ上達法 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集