2009年08月03日

今日から新たな気分で

今日から「人気ブログ・ランキング」再開しました。

本当は
8月1日から復活するつもりだったのですが、
やり方がわからなくて悪戦苦闘してました。

でも無事に今日(8月3日)83位からのスタート!

ウソみたいでしょう?出来過ぎた話で…。

これって偶然、いや必然?

冗談じゃないですよ、本当の話ですからね。

夜中3時に、やっとランクが表示された時「83位」。

   8月3日、深夜3時、83位スタート!

「語呂(数字)合せ」みたいで縁起いいんじゃない?

 このために2日間、悪戦苦闘させられたのかも?

そんな訳で今日から2ヵ所になりましたので、
  「応援」大変でしょうが、よろしくお願いします。

右上カレンダー下にある
   「〜ブログ村」と「人気〜」のバナー2つです。

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

では、今日の勉強を始めましょう。

「イントロ虎の巻」

<第1章> Up Tempo 

昨日の続きです。

★23ページ下(−2)

「完全な誤植」から。

7小節目のコードネームがない。

「A♭(Bass E♭)」

この本の書き方だと「A♭ / E♭」ですね。

次に、1小節目は「B♭m7 / E♭」にする。

昨日、説明しましたね。

3小節目、5小節目も同じです。

左手が「ペダルポイント」の時に
コードネームを判断するのは難しいです。

カプースチン分析の時なども同じです。

各コードのルートがないので…。

こういう時は前後関係で判断します。

次が「E♭7」(ドミナント)なので、
その前は「B♭m7」だろうと想像が付きます。

なぜ?

「僑蹌掘´坑掘廖淵帖次Ε侫.ぅ屐砲世らです。

ですから
「♭レ、ファ、♭ラ、ド」は「D♭M7」ではなくて
「B♭m7」の「♭3,5,♭7,9」なのです。

私がよく言う
「カプースチン分析は推理小説みたいで面白い」
   という意味が少しわかりましたか?

前後のコード進行から推理するのですね。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この譜例、まだ誤植あります。

2,4,6,8小節目の「E♭7」ですが
4小節目だけ「♭9 13」が抜けていますね。

これは書かなくてもいいのですが、
 他の小節には書いてあるので統一しましょう。

それから異名同音の問題。

「♭9」は、正確に書くと「♭ファ」ですよね。

でも実音は「ミ」だから、これでもいいのかな?

あなたは、どう思いますか?

terusannoyume at 05:35│Comments(0)TrackBack(0) 効果的なアドリブ上達法 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集