2009年07月31日

カプースチンOp.46 (2)

   <カプースチン楽曲分析>

「ビッグ・バンド・サウンズ」 Op.46
「Big Band Sounds」 N.Kapustin

前回は、曲の形式、全体の構成を学びましたが
 今回からコード進行を分析していきましょう。

楽譜は、
カプースチン ピアノアルバム 3

(プリズム版) 71〜79ページ

「イントロ(1〜8)」の分析は後日にします。

今回は 「テーマ(主題)」 を学びましょう。

「テーマ(主題)」の<形式>は、

A1(8)+A2(8)+B(8)+A3(12)=36小節

1コーラスは、36小節(8+8+8+12)です。

各小節内での細かいコードの動きは、
後日、1小節ずつの説明で行います。

今回は、基本になるコード進行を学びましょう。

           ☆

☆テーマ(主題) 36小節(9〜44)

[A1] 8小節(9〜16)

| F | Gm7(♭5) C7 | FM7 | Am7 A♭m7 |

| Gm7 | Gm7 C7 | A7 D7 | G7 C7 |

[A2] 8小節(17〜24)

| F | Gm7(♭5) C7 | FM7 | Am7 A♭m7 |

| Gm7 | Gm7 D♭7 C7 |

| F  C♭7 | B♭7 E7 |

[B] 8小節(25〜32)

| AM7 | Bm7(♭5)(Bass A) E7(Bass A) |

| AM7 | G♯7 | C(Bass G) A7 | Dm7(♭5) G7|

| C7 | C7 |

[A3] 12小節(33〜44)

| F | Gm7(♭5) C7 | FM7 Em7 | E♭7 D7 |

| G7 | Gm7 C7 | Fm7 | B♭7 A♭7 |

| G7 | Gm7 D♭7 C7 | F | F |

        ☆

テーマ(主題)が
  2コーラス目からどのように展開するのか?

 まずは自分で分析してみて下さい。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

      <ミスプリ報告>

<20小節目>
左手3拍目裏の音と4拍目頭の音を
「タイ」でつなぐ。(m.12 を見よ)

 〜〜〜〜〜〜〜〜

<33小節目>
左手4拍目裏のコード、
  1番下の「G音=ソ」に「ナチュラル」を付ける。
(その前に「G♯」があるので…。m.105を見よう )

 〜〜〜〜〜〜〜〜

<116小節目> 「さて、どっちかな?」

最後のコード、左手を8分音符にする。
 右手は8分音符になっているので統一する。
(m.32、 m.38 などを見よ)

逆に
左手16分音符が正解の場合は
右手も16分音符にして
前のコードに(両手とも)付点を付ける。
(その下の小節(m.119)を見よ)

どちらにしても、左右同じタイミングで
スウィングして弾くこと。

  〜〜〜〜〜〜〜〜

ランキングの応援、毎日1回よろしくお願いします。

     右上カレンダー下のバナーです。

terusannoyume at 23:32│Comments(0)TrackBack(0) 「カプースチン」分析研究 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集