2009年07月20日

アドリブ・フレーズの話

今回は、アドリブ・フレーズの話。

 よく使われる音の並べ方です。

「イントロ虎の巻」
 <第1章> Up Tempo の続き

★16ページ下(−4)

 まず完全な誤植報告から。

8小節目
 メロディ2拍目裏「♯レ」を「♭レ」に。

「ミ、♭ミ、レ、♭レ、ド、〜」になります。
  (コードは「C7」ですね)

この半音階がアドリブでよく使われます。

その証拠に14ページを見て下さい。

まず、上(−11)のイントロ。6小節目。

いきなり、このフレーズが出て来ますよね。

5小節目3拍目から7小節目1拍目までの
フレーズを書き出して練習しましょう。

もう一つ、同じ14ページ下(−12)。

3小節目4拍目から4小節目1拍目にかけて、
同じ音の並べ方がありますね。

これもフレーズごと書き出して覚えて下さい。

3小節目1拍目から5小節目1拍目までです。

        ☆

これで 僑蹌掘´坑掘 ´気離侫譟璽困
    学べたことになります。
   (ツー・ファイヴ・ワン)

後は、12キーに移調して練習して下さい。

さらに、このフレーズを参考にして、
    自分のフレーズを作りましょう。

        ☆

話は16ページ下(−4)に戻ります。

7〜8小節目のフレーズを覚えましょう。

 |FM7|C7|の時に使えますが、

実は、このフレーズは「F」(トニック)
   が2小節続く時にも使えますよ。

例えば「イパネマの娘」1〜2小節目など。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

このブログを読んで勉強になった方は、
ランキングを応援してくれると嬉しいです。

何も学ぶことがなかった方は、
      無理をすることはありません。

でも、ぜひまた来て下さい。

その時は、あなたの役に立つ情報を書いて
     いるかもしれませんからね。

毎日読みに来るファンの方は応援よろしく。

 右上カレンダー下にあるバナーです。

terusannoyume at 23:54│Comments(0)TrackBack(0) 効果的なアドリブ上達法 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集