2009年07月16日

「イントロ虎の巻」ゲーム

2日前に推薦した

「ジャズピアノ イントロ虎の巻」の

「ミスプリ発見ゲーム」をしようではないか。

 今回は、6ページから14ページまでだ。

たったこれだけのページでも、
 イントロを学ぶと同時に
  ジャズ・コードやコード進行、
   アドリブ・フレーズのことなど
    すべてのことが効果的に学べるよ。

こんなことを無料でやっていいのだろうか?

よく考えて、あとで後悔したら削除するね。

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

以下を読む前に、まず自分で
 ミスプリをいくつ発見出来るか挑戦してほしい。

ゲーム感覚で楽しみながら、
   しかも、あなたの音楽知識力が試せるのだ。

テレビ・ゲームよりも音楽的だし、楽しいと思うよ。

初心者でも、「♭」を付け忘れた所など、
単純なミスプリなら見付けられるんじゃないかな?

なお、完全な誤植ではないけれど、
「こうした方がいいのでは?」という例も少し書いた。

(これがすごく勉強になるぞ。今後さらに詳しく説明
 する予定だけれど、本には書いていない内容だ)

では、以下を読まないで、まずゲームに挑戦しよう!



  〜〜〜〜〜 読んじゃダメよ 〜〜〜〜〜



★6ページ上(−1)
8小節目
2つ目のコードネーム「Fm7(♭5)/G」

これは誤植ではないけれど、

 「G7 ♭9 ♭13」ということだよね。
(その場合「♭ド」は「シ」にするけれど)

このまま「♭ド」なら「D♭7/G」

とにかく、このコードは「G7」だ
ということを理解していればいい。

★6ページ下(−2)
5〜6小節目のコードネームがない。
| 5小節目 Dm7 | 6小節目 G7 |
(コードネームを加える)

5小節目、右手コード(Dm7)
3つ目のコードは下から「ラ、ド、レ、ファ」
「シ、ド、レ、ファ」になっている。
「シ」が間違いで「ラ」にする。

上の例(−1)の同じ小節を見ればわかるよ。

★8ページ上(−5)
3小節目 Em7(♭5)にする。

6小節目 メロディ最後の「レ」にナチュラルを付ける。

★9ページ上(−1)と下(−2)
上下どちらの譜例も
2小節目は「A♭m7」にする。

5小節目「Fm/B♭」は「Fm7/B♭」に。

(この譜例、さらに説明したいことがあるけれど
              長くなるので後日に…)

★10ページ上(−3)
3小節目、3拍目裏「♯ソ」は「♭ラ」。

異名同音なので完全な間違いではないけれど?

ジャズでは本書だけでなく
      他の教則本でも多数出て来る。

全部指摘していると大変な量になるので、
     今回は指摘しない時もあります。

★10ページ下(−4)
6小節目、左手3〜4拍目「ソ」を「♭ラ」にする。

8小節目は、誤植ではないけれど
  「C♯m7 F♯7」で書いた方が
   1〜2拍目のメロディが自然になるね。
「♯ド、ミ、♯ソ、シ」 (後日、説明する)

もし、楽譜のまま残すなら
「G♭7」の右手フレーズ
 終りから2つ目の「シ」に「♭」を付ける。
   その前にナチュラルがあるからね。

つまり
 「ソ、ラ、シ、レ」を全部黒鍵で弾くのだけれど、
 「ラ」は調号に「♭」があるので付ける必要なし。

実際に弾くのは「♭ソ、♭ラ、♭シ、♭レ」。

「G♭7」の「1、2、3、5」で、
アドリブで、よく使う音の並べ方だ。

★11ページ下(−6)
7〜8小節目、右手コードの押さえ方。

これは間違いではないけれど、
真ん中の2つの音「♭ラ、♭シ」を
「♭ソ、♭ラ」にした方がカッコいい。

<理由1>
前者は2音ともコードトーン。
後者はテンション「♭ソ=♭13」が含まれる。

これが典型的なジャズ・コード組み合わせ方だ。

<理由2>
左手でルート(B♭)を弾いているので
右手に入れる必要はない。

★12ページ下(−8)
8小節目「B♭7(♭13)」ならば
楽譜「♯ファ」を「♭ソ」に。

逆に「♯ファ」を残したいのならば
「♭13」を「♯5」にする。

このような例、コードネームと実音の不一致は
本書にまだまだ沢山あるので注意して調べよう。

★13ページ上(−9)
7小節目、コードネームは、「E♭ / B♭」にする。
(左右が逆になっている)

★14ページ下(−12)
8小節目、メロディ2拍目裏「♯ド」を「♭レ」に。

<理由>
すぐ上の4小節目を見よ。
さらに同じページ上(−11)の6小節目を見よ。

アドリブで、みんなが使っているフレーズだから
必ず覚えておこうではないか。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この教則本の内容は良いのですが、
以後のページにも誤植がまだまだ沢山あります。

このブログでも指摘していく予定ですが、
あなたも引き続き自分で見付けて下さい。

勉強になりますよ。

terusannoyume at 18:42│Comments(1)TrackBack(0) 効果的なアドリブ上達法 

トラックバックURL

この記事へのコメント

2. Posted by じゅりん   2015年07月06日 22:57
テル先生こんばんは。

「ジャズピアノ イントロ虎の巻」とテル先生の
ブログでイントロの勉強始めました。

コード進行については、曲に合わせて色々
パターンがあるんだなぁとなんとなく
思えてきました。

ただ、右手のメロディーがなんだがしっくりこないです。例えば、「ジャズピアノ イントロ虎の巻」
p7の下 Up Tempo(C)-4は、ただの音の羅列で
雰囲気がわからないです。

いろいろ曲を聴いていく中で雰囲気を
感じ取れるようになるんでしょうか??


*最近、Apple Music というサービスを知りました。
なんだかすごいです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集