2009年03月30日

カプースチンのソナタ

今日も、いくつかの課題を学んだ。

最近始めた分析課題の1つは
カプースチンのピアノ・ソナタ。

今日は
「ピアノ・ソナタNo.5」Op.61(輸入版)

この曲は、音列技法で作られている。

モチーフ(F,G,D,C)の4音を
どのように使い、発展させていくのか、
それを分析するのがとても面白かった。

しかし複雑なので分析は時間が掛かる。

のんびりコツコツやるしかないけどね。

また明日続きを分析するのが楽しみだ。

terusannoyume at 23:58│Comments(2)TrackBack(0) 「カプースチン」分析研究 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ほの   2009年03月31日 02:02
5 ソナタ5番はそういう作りでしたか!
貴重なヒントをありがとうございます。
3〜5番辺りは、ムズカシ目な曲調に思えて、楽譜も持っていないのですが、ちょっと興味が出てきたので、くださったヒントを頼りに、音源だけでもよく聴いてみたいと思います。 

それにしても、カプースチン始め、ベートーヴェンにラヴェル・・・と、本当に広く深く、テル先生は分析研究をなさっているのですね。
先生の熱心さに感動しています。

宝物は、やはり一番ふさわしい人のところにやってくるものなのですね☆
お宝本のゲット、おめでとうございます(#^.^#)

私も、少しずつですが、できるペースで勉強を続けます。
2. Posted by テルさん   2009年04月01日 02:29
> ソナタ5番、〜音源だけでもよく聴いてみたいと…。

☆聴くだけでいいですよ。
楽譜は1作品(輸入版)¥5,000ぐらいしますから。

早く国内版が出るといいですね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集