2009年03月14日

ミステリーと音楽分析

今日も午前中は、カプースチン分析。

最近ずっと続いていますね。

午後からは1日中レッスンでした。

       ☆

私の最近2週間の趣味(道楽?)は、
シャーロック・ホームズのDVDです。

イギリスのグラナダTV制作の
テレビ・ドラマ・シリーズで
ホームズ・ファンには定番のもの。

主演のジェレミー・ブレッドが
ホームズのイメージにピッタリなので
人気のシリーズになっているらしい。

ホームズが初対面の人を見て、
ちょっとしたことをヒントにして、
その人物のことを言い当てる。推理する。

これって、
カプースチンのたった1音を見て、
コードを推理していく分析と共通!

ミステリーと音楽分析の共通点は、
どちらも謎解きの楽しみではないかな?

解決が難しいと思われる事件ほど、
やる気が出て生きがいを感じるホームズ。

カプースチン作品も難題だからこそ、
私もやる気が出て来て生き甲斐を感じる。

解決した時、理解出来た時の喜びは
まったく同じ感覚のような気が…。

ホームズの活躍を見ていて思うのは
私も音楽の無理難題の解明に挑戦しよう
ということ。

カプースチン事件の解決を依頼された
ホームズの心境になっている私?

だから
ホームズのDVDを見ていても、
カプースチン分析をしていても、
どちらもワクワクして楽しいのかな?

terusannoyume at 23:59│Comments(0)TrackBack(0) 「カプースチン」分析研究 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集