2009年02月23日

「8ビート」基本練習(2)

昨日からの続きですので、前回の記事を
まだ読んでいない人は先に読んで下さい。

では、始めましょう。

前回練習した8ビート基本練習を
今回はピアノを使って練習します。

コード「C」を例にして説明すると…

右手=コード(ド、ミ、ソ、または転回型)
8分音符を弾き2拍目、4拍目アクセント。

左手=ベース(コードの1度と5度音)

|ドーーソソーード|ドーーソソーード|

右足(または左足)=4分音符を踏む。

前回の応用は以上のようになりますよね。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<応用課題1>

1つのコードを2小節ずつ弾きながら、
12キーで練習しましょう。
(完全4度、または半音で進んで行く)

長3和音、短3和音、そして4和音へ。
  (C7、Cm7、CM7、などです)

<応用課題2>

ここは各自のレベルによって違います。

ジャズ・コードを知っている人は、
テンションの入ったコードで練習しましょう。
(当然12キーですよ)

さらに、コード進行を決めて、

例えば、

|僑蹌掘鱈坑掘鱈M7|M7 |

4小節ずつ、12キーで、など…。

各自で工夫して下さい。

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この課題の目的は?

ピアノを使った強力リズム・トレーニング
が始まるまで、8ビートに慣れておくこと。

軽く準備運動と言うか予備練習が目的です。

terusannoyume at 23:56│Comments(0)TrackBack(0) リズム・トレーニング 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集