2009年02月19日

リズム訓練のご案内(1)

教則本「101 モントゥーノ」を
 無事に手に入れた読者は、
譜例を見ながらCDを聴いてみましょう。

  「どうですか?」

すごくカッコいいでしょう?

これは
「強力なリズム・トレーニング」ですよね。

       ☆

まず最初は、基本中の基本、
「クラーヴェ」を知らなくてはいけません。

<パート 1>クラーヴェについて

 11ページから読んで下さい。

特に、15ページです。

(3/2)と(2/3)を知らなければ
何も始まりませんので、しっかり読んでね。

これを理解すると、各譜例に書いてある
(3/2)(2/3)の意味がわかります。

そして、付属CDを聴くと、ピアノの他に、
 確かにクラーヴェだけが入っていますね。

ピアノを聴きながら同時にクラーヴェも聴く。

そして、足は2分音符を踏み、
     手で指定されたクラーヴェを叩く。

こんなところから入門するといいのでは?

       ☆

譜例をピアノでどんどん弾ける人は、
先に進んで下さい。

自分が気に入ったものから弾けばいいです。

ピアノ初心者で
 「これは難しくて弾けない」と思う人は、
   右手だけでもいいですよ。

4小節(または2小節)ですから、
 練習すれば誰でも弾けるようになります。

今は、リズム訓練なので「片手でもいい」。

今後は、片手ずつ、ゆっくり練習して、
  両手で弾けることを目標にしましょう。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「アフロ・カリビアン・ピアノの探究 101モントゥーノ」





terusannoyume at 00:06│Comments(3)TrackBack(0) リズム・トレーニング 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by なっちゃん   2009年02月19日 09:22
今回の件で、先生の関連過去ログもチェックし、「わたし、好きよ、リズム、好きよ」も真面目に(?)やってみました。
上記も早速チェックしま〜す★
2. Posted by ゆら   2009年02月19日 17:37
私も注文しました。間に合ってよかった〜!またひとつ扉を開けるようで楽しみです。
3. Posted by テルさん   2009年02月20日 06:32
みなさん、コメントいつもありがとう。

今朝、投稿した「ショパンとジョビン」力作です。

夜中から朝まで時間を使いました。

今から寝ます。おやすみなさい。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集