2008年12月08日

習慣化計画の成功例?

先週の月曜日(12月1日)から

習慣化計画(第8期)がスタートしましたが、

ちょうど1週間が終わり今日から2週目です。

最近の私の習慣化計画は、

「夜12時を過ぎたら眠ること」

「そんなの当り前じゃん」という声が聞こえますが、

以前は夜12時過ぎから1時間ぐらい昼寝?して

朝まで起きていたのです。

ところが最近は、夜12時過ぎに寝て、

そのまま朝まで眠ってしまうという普通の生活。

いや、普通というのは少し違うかな?

「どこが違うか」と言うと…

普通は朝起きてから仕事や学校に行きますよね。

私は朝起きたら、そのまま「遊び」に行ってしまう。

毎日毎日毎日毎日〜遊びに行ってしまい、

午後遅く帰って来てからレッスンを始める。

そんな生活が、もう3〜4ヵ月も続いているかな?

とにかく習慣化してしまったのは事実。

いいことなのか?悪いことしてるのか?

自分では、わからないけれど、

朝まで起きているよりはいいかな?と思っている。

あなたは、どんな習慣化を実行しているのだろう?

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 <ランキング>の応援をよろしくお願いします。

右上2ヵ所と「女子音楽院」も同じ位置に3ヵ所あります。

terusannoyume at 23:37│Comments(1)TrackBack(0) 「日記」読まないでね! 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 柿の種   2008年12月09日 00:42
こんにちは。

ブログ内容にそぐわない書き込みをお許し下さい。

「中華人民共和国」(通称「中国」)を知っていますか?
当然、知っていますよね。

しかし、以下のことを知っていますか?

・世界の死刑者数の90%以上が中国で行なわれている。
(つまり国の指導者は国民の代表ではない。権力を握った人が国を動かしている)

・世界汚染「都市」の上位20位のうち、16都市が中国。

・汚染食品で、輸出先で数多くの死傷者が出ました。
(また、それを上回る中国内での被害者がいます)

・核ミサイルを持っている(そのうち数百発は日本を向いているらしい)

・南米、アフリカなどで、国民に虐殺や圧制をしている独裁国家に援助や取引をしている。
(その金を使い、そこの国民が虐待されたりします。つまり間接的に「虐待」を応援している)

・多くの小火器(ピストルなど)を輸出し安価なため、それを使って毎日だれかが死んでいます。
(カンボジアなどで地雷の被害を伝えていますが、あの地雷は大半は「中国製」です)

・法や約束、契約を守る意識がありません。

・謝りません、非を認めません、責任を押し付けます。

などなど、簡単に羅列するつもりが、書ききれません。

かなり酷い状態です。しかも国がデカイだけに、より問題も大きいのです。

しかし、どこか「他人事」で考えていませんか?

確かに外国の事ですが、中国というのは「日本の隣」にあり、経済的にも交流が多く
何かと文句をつけては日本から金を貰おうとしている国ですよ。

少し検索を掛ければ「中国」に関することでブログを書いている人も多数います。

彼らは過去、現在の中国の「悪行」を書いています。

よければ多くの人に「中国とは」と知っていただけると幸いです。

ブログ主さま、削除してもらっても構いません。

読んで頂いてありがとうございます。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集