2008年12月06日

「ブラジル〜」分析予告

昨日、カプースチンの楽譜を紹介しました。

「8つの演奏会用エチュード」(作品40)

 プリズム版が発売されたという情報です。

これを記念して、

 この中からの曲を分析する予定でした。

ところが、この記事のコメントにて、

「ブラジルの水彩画」を分析してほしいと

 頼まれましたので、急に予定を変更して、

リクエストにお答えしようと思っています。

来週11日(木)以降から始める予定です。

terusannoyume at 23:57│Comments(3)TrackBack(0) 「カプースチン」分析研究 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 357DC   2008年12月07日 00:36
! さ、早速に有り難うございます! 感激!
2. Posted by トム ジョビヨ   2008年12月07日 02:01
5 ありがとうございますー。とても嬉しいです。

アナリーゼの他に、ペダリングやアーティキュレイションのコツなども教えて頂きたいです。
3. Posted by ほの   2008年12月07日 21:48
5 「ブラジル」人気ですね☆
分析、私も楽しみにしています\(^o^)/

本日、街の楽器屋さんでプリズム版エチュードを見つけて買いました! 今では普通の楽器店で扱われるようになったのですね、うれしいことです♪

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集