2008年11月07日

コードを装飾する方法

<研究課題1〜2>を分析してみましたか?

「夢と愛女子音楽院」で出した課題です。

<研究課題 1>のヒントを書いておきます。

ショパンのエチュード「革命」と「大洋」の
     指定した小節を比べて分析してみる。

そうすると大変興味深い発見がありますよ。

両方とも「G7」だけでもいい小節です。

ところが、ショパン先生は簡単には終らない。

「では、どうやっているのか?」
  というところが、分析の楽しみなのですね。

そして両方を比べてみると、何と、ほとんど同じ!

ショパン先生が、よく使う和声技法なのか?

         他の曲でも使っているのか?

これも今後の研究課題ですね。

では、楽しんで分析、そして研究して下さい。

terusannoyume at 19:40│Comments(0)TrackBack(0) 作曲法あれこれ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集