2008年09月03日

聴くことも上達法だよ

ジャズを上手くなろうと思ったら「聴くこと」。

このブログでも、何回も話しました。

1番いいのは、コピー(採譜)して、分析して、
応用すること。

これが1番勉強になります。

しかし、これは誰でも出来るものではありません。

ジャズ理論を知らないと分析、応用が出来ないしね。

そこで今回の話は、もっとお手軽。
でも効果絶大な方法です。

         ☆

好きなジャズのCDを聴きながら、
アドリブ・フレーズを追い掛けて歌ってみる。

楽器は何でもいいです。

歌うと言っても「カラオケ」じゃないので、
上手くなくていい。声を出さなくてもいい。

頭の中でフレーズを追い掛けて歌う。

口の中でフンフン歌ってもいい。(鼻歌みたいに)

音程になっていなくてもいい。(音痴でもいいんだ)

ただ、大切なことは、
「リズムに乗ること」と「抑揚を付ける」。

つまり、アクセント、メリハリを付ける。

このあたりに気を付けて聴きながら歌うといい。

ジャズの感じ、雰囲気をつかむ訓練なんだね。
イメージ・トレーニングと言ってもいいかな。

頭が疲れてきたら少し休んでもいいし、
大好きな「アンパン」のことでも考えていればいい。

「聞き流していればいい」ということだよ。

早速やってみよう。

君は上手くなる可能性がまだまだあるんだぞ。

上達の秘訣は、楽しんで練習することだ。

  ===============

 ブログ・ランキングに参加していますので、
   「応援よろしくお願いしますね」。 
  右上のカレンダーの下に2つあります。

          ☆

 ↓この下はランキングには関係ありません。

terusannoyume at 23:46│Comments(0)TrackBack(0) 効果的なアドリブ上達法 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集