2008年09月02日

音楽上達の重要課題!

あなたの音楽を向上させるために
今回の重要課題を練習して下さい。

即興演奏のため、曲を分析する時のため、
ジャズ、クラシックなどのジャンルに関係なく
曲を覚える時にも、とても重要な課題です。

<ダイアトニック・スケール・コード>

長音階の各音の上に
  音階内の音だけを積み重ねて出来たコード。

説明文よりも「キーC」の例を見て下さい。

「キーC」では、以下のようになります。
(五線紙に書き出すと分かりやすいですよ)

CM7=(ド、ミ、ソ、シ)

Dm7=(レ、ファ、ラ、ド)

Em7=(ミ、ソ、シ、レ)

FM7=(ファ、ラ、ド、ミ)

G7 =(ソ、シ、レ、ファ)

Am7=(ラ、ド、ミ、ソ)

Bm7(♭5)=(シ、レ、ファ、ラ)

「長音階の音だけで」ということは、
「キーC」の場合は白鍵だけで作られていますね。

では「キーF」では、どうなるのでしょう?

「キーF」のスケールは?

「ファ、ソ、ラ、♭シ、ド、レ、ミ」ですね。

この音階内の音だけで積み重ねればいいのです。

「キーF」では以下のようになります。
(五線紙に書き出すといいですよ)

FM7=(ファ、ラ、ド、ミ)

Gm7=(ソ、♭シ、レ、ファ)

Am7=(ラ、ド、ミ、ソ)

B♭M7=(♭シ、レ、ファ、ラ)

C7 =(ド、ミ、ソ、♭シ)

Dm7=(レ、ファ、ラ、ド)

Em7(♭5)=(ミ、ソ、♭シ、レ)


<課題 1>

すべてのキーの<ダイアトニック・スケール・コード>
を五線紙に書き出しましょう。

<課題 2>

「12キー」で練習して覚えて下さい。


♪「キーC」だけを頭でわかったつもりになってはダメです。
12キーで間違いなく弾けるようになるまで練習して下さい。

         ☆

♪この課題は、とても大切です。

しかし、これを読んでも「何が大切なのか」
理解出来ないかもしれません。

あるいは何となくわかっても、今のレベルでは
難し過ぎて弾けない人もいるでしょう。

それはそれでいいと思います。

本人が大切さに気付いた時、重要な意味を理解した時、
そのレベルに達した時に練習するのが一番いいです。

その時になったら、毎日少しずつこつこつと練習する。

他の課題、曲などと並行して練習するといいですよ。

今、練習しない人も、いつか気付いた時、行き詰った時、
この記事を思い出して、ぜひ練習してほしいと思います。

このことについては、またいつか説明しましょう。

   ================

  2つのブログランキングに参加しています。
 このブログを応援してやろうと思った心優しい方は
右上カレンダー下にある「人気ブログランキング」と
「ジャズ・フュージョン」を押してくれると嬉しいです。
    (どうもありがとうございました)

 ↓ この下は、ランキングには関係ありませんので
   押さないで下さい。(押しても死にませんが…)

terusannoyume at 23:31│Comments(0)TrackBack(0) 愛と感謝の即興演奏法 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集