2008年08月23日

「幻想即興曲」和声応用編

前回分析したコード「A♭(Bass D♭)」は、
誰でもエンディングで応用して使えます。

ちょっとカッコいいですよ。

説明をわかりやすくするために半音下げて
「G(Bass C」を例にします。

右手「G」の和音「ソ、シ、レ」
左手「C」(ド)単音(またはオクターブ)。
あるいは1度と5度(ドとソ)でもいいです。

このコードを「C」がルートのコードと考えると
第3音がありません。

普通なら間違いですが、今回はそれを利用します。

つまり第3音がないので「C」(メジャー)でも
「Cm」(マイナー)でも使えます。

<応用課題 1>

「キーC」(ハ長調)の曲を(何でもいいので)弾いて下さい。
曲が終わって、すぐにこのコードを弾きましょう。

例えば、「夕焼け小焼け」。

|か ら す と いっ しょ に|か え り ま しょう」
|ソ、ミ、レ、ド、レ、レ、ド、レ |ミ、ソ、ラ、ソ、ド、ジャーン|

この「ジャーン」のところで、課題のコードを弾いて下さい。

そして右手で「G」(ソ、シ、レ)の分散和音で上がって行く。

どうですか?カッコいいでしょう。

「C」のコードの時に「ド、ミ、ソ」の分散和音は当り前。
「C」の時に「ソ、シ、レ」の分散を弾くからカッコいい。

<応用課題 2>

「キーCm」(ハ短調)の曲でも最後に使ってみよう。

  =================

このブログを応援してくれる方は、
   右上カレンダー下にある
「人気ブログランキング」と「ジャズ・フュージョン」を
   毎日1回押してくれると非常に嬉しいです。

「応援よろしくお願いしますね!」

<拍手>はランキングには関係ありませんよ。

terusannoyume at 21:34│Comments(2)TrackBack(0) 作曲法あれこれ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by なっちゃ   2008年08月27日 14:43
応用課題1の「ハ長調の曲」というのを見て、一瞬何にしようか、と考えて読み進んだら、「カラスといっしょにかえりましょ」でもいいなんて!(笑)
さすがテル先生です。☆良かった☆これなら私でも出来そう、続けられそうです!
2. Posted by テルさん   2008年08月27日 22:26
 曲は何でもいいのです。ジャズ、クラシック、童謡、歌謡曲…。
 キーも何でもいいのです。そのキーのトニックを左手で弾き、右手は「后廚裡穫族擦鮹討韻个いい里任垢らね。
 すべての曲に使える大変便利なコードですね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集