2008年08月11日

基本項目を修得しよう

自分の音楽を向上させるために基本を修得する。

今後の音楽生活を充実させるためにも大切です。

初心者は当然ですが、長年音楽を続けてきた人も
初心に帰って練習しましょう。

これらの基本は「知っているつもりになっている人」が
沢山います。いや、ほとんどの人が当てはまります。

例えば「長三和音」と言えば、
「そんなこと知ってるよ。Cは、ド、ミ、ソでしょう」と
わかったつもりになっている。

「頭でわかる」のと、「実際に弾ける」のは違います。

長三和音を「C」だけでなく、12キーで弾けるか?

速いテンポで転回形を12キーで間違えずに弾けるか?

以下の基本項目を応用して即興演奏が弾けるか?

このような条件を出すと、手が出ない人がいるのでは?

この機会に、みんなで復習または新たに学びましょう。

              ☆

以下の記事は、
カテゴリ<愛と感謝の即興演奏法>
の中にあります。

♪何事も基本は大切じゃな 08.1.23

まず、これを読んでから以下の順に練習しましょう。

♪上達のための大切な心得(1) 08.2.3

長三和音

♪上達のための大切な心得(2) 08.2.4

短三和音

♪上達のための大切な心得(3) 08.2.5

長音階

♪上達のための大切な心得(4) 08.2.6

目からウロコの長音階の右手指使い

♪上達のための大切な心得(5) 08.3.5

自然的短音階

♪上達のための大切な心得(6) 08.3.7

<3つの短音階の説明>
自然的短音階、和声的短音階、旋律的短音階

同じ調号の長調、短調

            ☆

以上の項目、頭で理解するだけではなく、
必ず楽器で音を出して修得して下さい。

個人差もありますが、
時間を掛けて少しずつ確実に身に付けて下さい。

terusannoyume at 09:24│Comments(3)TrackBack(0) 愛と感謝の即興演奏法 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by なっちゃん   2008年08月18日 15:38
ふとしたことから最近こちらのブログを見るようになった読者なので、このように過去の記事を整理しておいて下さって、とても助かりました。
案内に従って、遡って拝見しました。
12キーでの練習を、テル先生は完全4度ずつ巡る方法で指示していらっしゃいますが、私は昔からの習慣で完全5度で巡って練習しています。4度でも練習したほうが良いでしょうか?
2. Posted by テルさん   2008年08月19日 02:15
 ジャズのコード進行は、4度進行が多いですよね。「僑蹌掘´坑掘廚筺屮疋潺淵鵐函Ε癲璽轡腑鵝廚覆鼻
 それからジャズ・コードの積み重ね方も4度音程をよく使います。
 そこで基本練習をする時から4度音程に馴染ませる意味で、こうしています。
 実践的だと思うからです。
 ただ、いつも4度だけだと何となく慣れで弾いてしまいます。
 そのような時は、5度進行もいいのではないかと思いますよ。
 どちらでも弾けるといいですね。
3. Posted by なっちゃん   2008年08月19日 17:58
ご回答ありがとうございます。ジャズから見るとそれが実践的だということで納得しました。クラシックだと、スケールもハノン式、楽典的にも五度圏というのが普通になっているため、無自覚に(何も疑問に思わず)5度をベースに考えてばかりいたのだな、と思いました。
テル先生の基本項目に沿って、これからは4度の練習もしてみます!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集