2008年07月14日

あなたの使命は何か?

昨日書きました「使命について」の話は、
   私が「もう1人の自分」に語り掛けている設定。

>私の使命は…?

>世の中に貢献出来ることは…?

>以前からわかっているのに、
      なかなか本気にならない自分がいる。

普通の場合、
「自分の使命とは?」なかなか分かりにくいもの。

しかし、
 私の場合は「音楽しかない」ので、すぐわかる。

理由は、
 学校の通信簿は「1(または2)」で、
           音楽だけが「5」だった。

今日まで音楽以外の仕事(アルバイトも含め)は
         1日たりともせずにやってこれた。

以上の理由で、
>以前からわかっているのに、
               という文章が出て来た。

さらに、ここまでハッキリしているなら、音楽で、

>人の役に立つために、
      自分の使命を果たすなんて当り前。

と、自分に言い聞かせている。

これは、あくまでも自問自答で、
         皆さんに言った訳ではありません。

しかし、今回は「あなたの使命について」
      考えるヒントを書いてみようと思います。

             ☆

「あなたは、何をするために生れて来たのでしょう?」

ただ食べて、寝て、遊ぶためでしょうか?

違いますよね。

それだけなら人間として生れなくても、
        動物でもよかったことになってしまう。

別の角度から質問しましょう。

「あなたは、どんな時が幸せですか?」

好きなことをしている時でしょうか?

では、仕事の時は?

仕事って何なのでしょう?

生活費や、遊ぶお金を得るためのもの?

仕事の意味は「神仏に仕える事」らしいですよ。

つまり神様は良いアイデアを沢山持っていても、
    肉体がないので、
       この世で実現することが出来ない。

そこで、誰かにインスピレーションで伝え、
神様の手足となって働いてくれる人が実現する。

これが「仕える事」=仕事らしい。

ひらめきを実行に移し、誰かの役に立った時、
       心は幸せを感じる。これが仕える事。

これがそのまま収入になれば最高の仕事。

しかし、現実は、そうならない場合も多い。

だから趣味の場合もある。

好きなこと、楽しいことをして、
    誰かが喜んでくれたら、
        誰かの役に立つなら、
          人生は有意義になるのでは?

     自分が生れて来た意味があるのでは?

あなたは何をすれば社会に貢献出来るのだろう?

それを見付けることが人生の目的。

いや、心の奥では、すでに知っていることを
    思い出せばいいはずなのに、
         これがなかなか思い出せない。

思い出せないまま一生を終える人も沢山いる。

「では、あなたは、どうすればいいのか?」

最初は「人のために」を考えなくていいから、
  自分が好きなこと、楽しいことをすればいい。

そこに思い出すためのヒントがあるはず。

ある程度のところまで来た時に、
  余裕があったら
     「どうすれば人の役に立つか」
            を考え始めても遅くはない。

まずは、第一歩を踏み出そう。

「好きなこと、楽しいことをする」
    これが第1段階。

そうすると、自分の役目、
         使命に気付く日が来るはずだ。

「自分も楽しめて、人のためにもなること」を
          見付けられる時が来ると思う。

この課題、一生追い求める旅が人生なのかな?

terusannoyume at 12:30│Comments(3)TrackBack(0) 精神世界は面白いよ! 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by しょこら   2008年07月14日 22:04
今、新しい職場を探すにあたり、自分に何が向いているのか模索中・・・
なんだかタイムリーでぐぐっときました。ありがとうございます。
2. Posted by さちぴょん   2008年07月15日 00:55
5 「仕事」とは「神仏に仕える事」なのですね!
そして、自分の使命は「思い出す」ものなのですね!
感動して涙が出ました。
ありがとうございます!
3. Posted by テルさん   2008年07月17日 00:55
 2人とも、このメッセージに反応したということは、自分でも気付き始めているのですね。今回の人生で何が大切なのかということに…。
 すぐに結論は出なくても、じっくり考えて、仕事を選び、充実させていって下さい。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集