2008年06月14日

「ブルー・ボッサ」分析(4)

 テル先生の「カプースチン楽曲分析」

<ケニー・ドーハムの
     「ブルー・ボッサ」によるパラフレーズ>
                    (Op.123)

前回のように細かい部分を解説すると
           なかなか先に進めません。

そこで、今回は細部の説明を省略して
       大体のコード進行だけを書きます。

★<テーマ> 17〜54

[A1] 17〜24(8)
[B1] 25〜32(8)
[A2] 33〜40(8)
[B2] 41〜54(14)

★<テーマ>コード進行

♪[A1] 17〜24(8)

|Cm |Cm |Fm |Fm |
|Dm7(♭5) *A♭7 |G7 |
|Cm |Cm7 Dm7 |

*「A♭7」=D7(♭5)[Bass A♭]

♪[B1] 25〜32(8)

|E♭m7 |A♭7 |D♭M7 |D♭M7 |
|Dm7(♭5) G7 |
|*Dm7(♭5) G7 A♭7 G7 |
|Cm7 |D7(♭5) G7 |

*半拍分、前小節から始まる。

♪[A2] 33〜40(8)

|Cm |Cm |Fm |Fm |
|Dm7(♭5) |G7 |
|Cm7 Dm7(♭5)[Bass C] |
|*G7(Bass B) B♭m7 A7 |

*1拍分、前小節から始まる。

<37>3拍目裏から「A♭m(M7)」
<38>2拍目から「A♭m7」が1拍半。

♪[B2] 41〜54(14)=(6+8)

|E♭m7(Bass A♭) |A♭7 |
|D♭M7 |D♭M7 |
|Dm7(♭5) G7 |Dm7(♭5) G7 |

|Cm7(♭5) |F7 |B♭m7 |E♭7 |
|A♭6 |A♭ |D♭M7 |
|*Dm7(♭5) G7 |

*1拍分、前小節から始まる。

terusannoyume at 09:57│Comments(4)TrackBack(0) 「カプースチン」分析研究 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by さちぴょん   2008年06月15日 02:09
5 今日も貴重な解説をありがとうございます!

音を出さずに頭だけで考えて、自分でコードを書いたところは、臨時記号などの見落としによるミスがチラホラありました(^^ゞ

テル先生の分析講座、いろいろわかって本当に楽しいです♪
ほかにも勉強したい曲がたくさんあるので、できればお教室でのレッスンで教えていただきたいと思っております(#^.^#)
改めてメールさせていただきますので、よろしくお願いいたしますm(__)m
2. Posted by テルさん   2008年06月16日 05:38
 カプースチンの曲は臨時記号が多いので、前後関係を何回も確認して進めないと見落としてしまいますよね。
 本当に大変な作業になります。
 でも、それだからこそ楽しい。やりがいがある。(人によっては苦しい?)
 ぜひ、教室にも来て下さい。もっと詳しくいろいろなことを学べますよ。
3. Posted by さちぴょん   2008年06月16日 16:09
ありがとうございます(^o^)/
昨夜、メールを送らせていただいたのですが、届きましたでしょうか?
もしかしたら、返信をくださっているでしょうか??
実は、先ほどヤフアドのメールチェックの際に、いつもの調子で「迷惑メール」を内容確認せずに削除してしまったため、「もしかしたらその中にテル先生からのメールがあったのかも?!」と心配になり、こちらに書かせていただきました。以前、大切なメールが振り分けられてしまったことがあったのを思い出して…。
まだでしたら急ぎませんので大丈夫です(^.^)
4. Posted by テル先生   2008年06月18日 07:24
 先ほど返信しておきました。削除の中には入っていなかったので、ご安心を。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集