2008年06月05日

「ブルー・ボッサ」分析(1)

  「カプースチン・リターンズ!」
      08.6.5
  <CD発売記念特別企画!>

 テル先生の「カプースチン楽曲分析」

<ケニー・ドーハムの
     「ブルー・ボッサ」によるパラフレーズ>
                    (Op.123)

楽譜は、カプースチン「ピアノアルバム 1」で、
   出版社は「プリズム」(¥2.900+税)。
この楽譜は全国で一部の店にしかありません。
      アマゾンなどネットで注文しましょう。

            ☆

「楽曲分析」の第1歩は
    「曲の形式」と「全体の構成」
         を調べるところから始まります。

区切りの小節の上に
        [A1][B2]などを書き込みます。

あなたは[A1][B2]などを四角で囲って下さい。
 (四角で囲えないので[カッコ]にしています)

曲全体のキーは、Cm(ハ短調)です。

<前奏>

[Into.A]1〜8(8)
[Into.B]9〜16(8)

<テーマ>提示部

[A1]17〜24(8)
[B1]25〜32(8)
[A2]33〜40(8)
[B2]41〜54(14)

<変奏1>

[A1]55〜62(8)
[B1]63〜70(8)
[A2]71〜78(8)
[B2]79〜86(8)

<変奏2>

[A1]87〜94(8)
[B1]95〜102(8)
[A2]103〜110(8)
[B2]111〜118(8)

<変奏3>
キーG♯m(♯5つ)に転調

[A1]119〜126(8)
[B1]127〜134(8)
[A2]135〜142(8)
[B2]143〜152(10)

<テーマ>再現部
 キーCmに戻る

[A1]153〜160(8)
[B1]161〜175(15)

<Coda>

[C1]176〜183(8)
[C2]184〜187(4)
[C3]188〜191(4)

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

[C1]は、[Into.A]のモチーフ。(比べてみてね)
[C2]は、[A1]最初のメロディーを利用している。
[C3]は、キーCmの曲がキーC(ハ長調)で終る。

        ☆

次回からは、1小節ずつ
        コード進行を書き込んでいきます。

またまた大変な日々がやって来ますが、
   疲れないように、のんびりやっていきましょう。

terusannoyume at 09:01│Comments(6)TrackBack(0) 「カプースチン」分析研究 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by さちぴょん   2008年06月06日 01:30
5 早速のブルー・ボッサ講座をありがとうございます♪
今日あたり「カプースチン・リターンズ!」届くかな?と楽しみに待っていましたが、残念ながらまだでした。アマゾンのアカウントで確認すると、未だ「未発送」の状態ではないですか(*_*) 出荷が遅れているのでしょうかね…。
ここは良い勉強だと思って、楽譜から分析に入りたいと思います☆
2. Posted by テルさん   2008年06月06日 10:55
 CDが来たら報告して下さいね。
 それまでは、分析をしていましょう。
3. Posted by さちぴょん   2008年06月07日 01:47
5 ここまでの形式・構成調べを、テル先生式A、B、C分類(?)に従って書き込みが完了しました! こうするとメロディー&ベースラインを頼りに、だいぶ輪郭がはっきりしてきますね♪ 細かい音は複雑過ぎて、悲しいかな全然鳴って来ないですが…(ToT) 音を出しながらの作業がなかなかできないのがキビしいです。

あ、それで、<変奏3>の[B2]143〜152のカッコ内数字は(10)ではないでしょうか?
4. Posted by テルさん   2008年06月07日 02:34
 あ、そうでした。ありがとう。早速直しておきました。ああ、よかった。
 いつも何回も見直しているのに、ここは不注意でしたね。朝の9時で眠たかったのか…?
 また気が付いたら指摘して下さい。
 形式を書き込むだけでも、曲全体が見えて来るでしょう?これにコード進行を書き込んでいって下さい。後で修正出来るように鉛筆でね。細かいリハーモナイズは後で加えていけばいいですので。

5. Posted by ゆら   2008年06月13日 12:25
こんにちは。今日”カプースチン ピアノアルバム1”が届きました!早速弾きかじってみようと楽譜を開けてみると・・・覚悟はしていましたが、あまりにも歯が立たなくて淋しいきもちになってしまいました。
気をとりなおして書き込みをしてみました。すごい世界に足を踏み入れてしまった!?
6. Posted by テルさん   2008年06月16日 06:26
 おめでとうございます。とうとう仲間入りしましたね。弾けなくて当然ですから安心して下さい。持っているだけでもいいのです。宝物ですから。
 CDを聴きながら楽譜を見ているだけでも勉強になります。部分的に弾けるところを弾くだけでもいい。
 それから私の分析を読んで、何か1つでもわかればいい。いろいろな使い方、楽しみ方がありますよ。
 すごい世界に接していれば、普通の世界が何だか簡単に思えてきます。
 このトンでもない世界を自分なりに楽しんで下さい。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集