2008年05月30日

「サマータイム」研究(8)

 〜NHKジャズピアノ講座(9−8)〜

  <放送終了記念 特別企画>

   ♪「サマータイム」

 〜 コード進行の「まとめ」 〜

<例 1>

♪まず始めに「原曲」を弾こう。

[A]
|Dm A7|Dm A7|Dm A7|Dm |
|Gm7 |B♭7 |A7 |A7 |

[B]
|Dm A7|Dm A7|Dm A7|Dm C7|
|F B♭ |Em7(♭5) A7|Dm |Dm |

「Dm」=「レ、ファ、シ」、
  「A7」=「ミ、ソ、♯ド」と押さえて、
       スローテンポで弾いて下さい。

2つのコードの上声が「シー、♯ドー」となります。          
           これが「原曲」の雰囲気です。

<例 2>

♪原曲の「Dm A7」を「Dm7 G7」に変えた例。

[A]
|Dm7 G7|Dm7 G7|Dm7 G7|Dm7 G7|
|Gm7 |B♭7 |Em7(♭5) |A7 |

[B]
|Dm7 G7|Dm7 G7|Dm7 G7|Dm7 C7|
|F B♭ |Em7(♭5)A7|Dm7 |Dm7 |

原曲の[A]7〜8小節目は、「A7」が2小節続くので、
7小節目を「Em7(♭5)」にして「僑蹌掘腹5) 坑掘

<例 3>

♪原曲のコード進行を単純化した例。
 これなら超初心者でも弾けますね。

[A]
|Dm |A7 |Dm |Dm |
|Gm7 |B♭7 |A7 |A7  |

[B]
|Dm |A7 |Dm |Dm C7|
|F B♭ |Em7(♭5) A7|Dm |Dm |

リハーモナイズする時に、まず単純化して、
       どこが大切なのか、
  全体を分析してから複雑化の作業に移る。

曲にもよるけれど、
     そういう方法も頭に入れておくと良い。

<例 4>

♪番組(9回目)の最初に
        ヒロコ先生が弾いてくれた例。
 上記<例 3>と同じで超初心者でも弾ける。

[A]
|Dm7 |G7 |Dm7 |Dm7 |
|Gm7 |B♭7 |Em7(♭5)|A7  |

[B]
|Dm7 |G7 |Dm7 |Dm7 |
|FM7 B♭7|Em7(♭5)A7|Dm7|Dm7|

<注>
 この時の画面下に出ているメロディーが正解。
  テキスト88ページと見比べて修正しよう。

何度も言ったように、まず最初は
    原曲の正しいメロディーを覚えること。
        覚えた後なら自由に変えてもよい。

♪[B]5小節目3拍目は「B♭7」に変えている。
 <キーF>に転調している時の「B♭」は
       「検廖淵汽屮疋潺淵鵐函砲覆里
     普通なら「B♭M7」または「B♭6」。

これを充分に理解した人は「B♭7」も使える。
 メロディー音に「ラ」がある時は使えないが、
    この曲では「レ、ファ」なので使用可能。
 ブルージーな感じには、ピッタリ当てはまる。
       
どちらを使うかは、あなたの好み。
   時と場合によって
      どちらも使い分けられるようにしよう。

<例 5>

♪ヒロコ流リハーモナイズ(例7)を少し簡単にした例。

[A]
|Dm7 G7|Dm7 G7|Dm7 G7|Dm7 G7|
|Gm7 |B♭7 |Em7(♭5) |A7  |

[B]
|Dm7 G7|Dm7 G7|Dm7 G7|Dm7 C7|
|FM7 B♭7|Em7(♭5)A7|Dm7G7|Dm7G7|

<例 6>

♪ミディアム・テンポで演奏する時の例。
        (スイング、ボサノバなど)
[A]
|Dm |Em7(♭5) A7|Dm A7|Dm D7|
|Gm7 |B♭7 |Em7(♭5) |A7  |

[B]
|Dm |Em7(♭5) A7|Dm A7|Dm C7|
|FM7 B♭7|Em7(♭5) A7|Dm |A7 |

<例 7>

♪ヒロコ流リハーモナイズ
 テキスト89ページ上段2小節目から
              4段目4小節目まで。

[A]
|Dm7 G7|Dm7 G7|Dm7 G7|Dm7 G7|
|Gm7 C7|F7 B♭7|E7  |A7  |

[B]
|Dm7 G7|Dm7 G7|Dm7 G7|Gm7 C7|
|F7 B♭7|E7 A7 |Dm7 G7|Dm7 G7|

<例 8>

♪上記のヒロコ流リハーモナイズを
    テル先生がリハーモナイズ
      「ヒロコッテル方式リハーモナイズ」

ヒロコ先生は忙しくて肩が「凝っている」らしいので
      「ヒロコッテル方式」と名付けた。

[A]
|Dm7 G7|Dm7 G7|Dm7 G7|Dm7 D7|
|Gm7 C7|Fm7 B♭7|Em7(♭5)|A7  |

[B]
|Dm7 G7|Dm7 G7|Dm7 G7|Dm7 C7|
|FM7 B♭7|Em7(♭5)A7|Dm7G7|Dm7G7|

<例 9>

♪上記<例 8>の「Dm7 G7」を
          「原曲」本来の「Dm A7」に戻した例。

[A]
|Dm A7|Dm A7|Dm A7|Dm D7|
|Gm7 C7|Fm7 B♭7|Em7(♭5)|A7  |

[B]
|Dm A7|Dm A7|Dm A7|Dm C7|
|FM7 B♭7|Em7(♭5)A7|Dm A7|Dm A7|

♪「Dm A7」の弾き方は<例 1>を参照。

            ☆

あなたに知ってほしいことは、どんな曲でも
 いろいろなコード進行を付けられるということ。

あなたは自分のレベルに合った例を、
       または気に入った例を弾けばよい。

情熱があるなら全部弾くと大変勉強になる。
「サマータイム」博士になれるかもしれない。

terusannoyume at 07:45│Comments(2)TrackBack(0) NHKジャズピアノ講座 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by どみそちゃん   2008年05月30日 20:50
先生お疲れ様でした!

早速パソコンとパーム(電子手帳)に保存させて頂きます。

大切な情報は手の中に♪

(分析実践はまたこんど…

2. Posted by テルさん   2008年05月31日 07:46
 あ、どみそちゃん、久し振り。
 まだジャズやってたの?
 じょ、冗談ですよ。(あっは、は…)
 分析を楽しんで下さい。勉強になりそうでしょう?

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集