2008年05月02日

「A列車で行こう」修正

  〜NHKジャズピアノ講座(6−1)〜

「国府弘子の今日からあなたもジャズピアニスト」
NHK趣味悠々テキスト(CD付き)税込1,260円

第6回目レッスン、5月7日(水曜日)放送予定。

テキストの55ページを開いて下さい。
<譜例6−6>「A列車で行こう」です。

初めて曲に挑戦する時は、必ず原曲を調べること。
特に誰かがアレンジした曲集を弾く時は絶対必要。

原曲を知らないと、
   「どこが変えられているのか」わかりません。

誰かが変えたメロディーを原曲だと信じて覚えたら
後で困ることが沢山ありますので注意が必要です。

順序として、まず原曲のメロディーを覚える。
それから、自分なりに変えてみる。(フェイク)

原曲を知っていれば
CDを聴いた時や、アレンジ譜を弾く時も
ここが変えられている、と理解出来ます。

           ☆

56ページ上から2段目[B]の2小節目。
コードは「F」で、メロディ−「(ド)ミーーラードー」。

原曲は「ミファーーラードー」です。

テキストの1拍目(8分音符)「ド」を消して
    長3度上の「ミ」に変える。
(前の小節からの「タイ」は、なくなります)

テキストの1拍目裏(付点4分音符)「ミ」を消して
    長7度下の「ファ」に変える。

この小節の、すぐ下の小節、3段目の2小節目「D7」も、
今、変えたメロディーと同じように変更して下さい。
ただし「ファ」は「♯ファ」に変わります。
「ミ ♯ファーーラードー」

この曲の良さは「同じモチーフで1音だけ変わるところ」

皆さんは、あくまでも「原曲のメロディー」を覚えましょう。

以下、あなたも原曲の楽譜と比べて検討して下さい。

原曲とは、1段譜(2段譜もあり)で歌詞も書いてある譜面。
誰かがアレンジした2段譜では変えられていますのでダメ。

[A1]3小節目「D7」の譜割
[A1]6小節目「G7」メロディー。

[A2]3小節目「D7」の譜割
[A2]6小節目「G7」メロディー。
[A2]7〜8小節目「C」

[B]3〜4小節目「F」
[B]7〜8小節目「G7」または「Dm7、G7」

[A3]3小節目「D7」の譜割
[A3]6小節目「G7」メロディー。
[A3]7〜8小節目「C」


1冊だけでなく、何冊か見比べるといいですよ。

terusannoyume at 10:10│Comments(4)TrackBack(0) NHKジャズピアノ講座 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by rんちゃん   2008年05月03日 13:20
5 次回レッスンの先取りなんですね。A列車は私個人的にタイムリーでした。今月末に今、通っているジャズピアノ教室の発表会がありまして、バンド仲間のヴィブラフォンの方とデュオでやろうとしている曲なんです。でも、原曲の正確なメロディー知りませんでした。バンドでは中央アート社のスタンダードジャズハンドブックを持つように言われ、持っています。コードは原曲とは違うものがふられているなとは、「虹の彼方」を弾いた時、感じましたが、メロディーは原曲にほぼ忠実なのかと思っていました。A列車の曲の良さは「同じモチーフで1音だけ変わるところ」という事知らずに演奏する事にならず、うれしいです。もし、ジャズスタンダード曲の原曲譜面集何て本を、ご紹介いただけたらうれしいのですが、、、。
2. Posted by テルさん   2008年05月05日 02:56
 中央アート出版社から私も2冊出していますので、社長さんもよく知っています。そのような関係で、そのハンドブックについては、公けには言いたくなかったのですが、メロディーは著者の独断ですね。
 私の生徒には厳重に注意しています。メロディーは必ず原曲を調べるようにと言って正しく直させます。(コード進行もですが)。
 教室に行っているようですが、先生に教わるのが1番いい方法ですね。
3. Posted by りんちゃん   2008年05月07日 22:33
公言しにくい事、教えていただき、恐縮です。原曲を知る大切さ、よくわかりました。曲への敬意を自覚して、曲に対する事ができそうな気がします。ありがとうございました。
4. Posted by テルさん   2008年05月08日 04:58
 原曲を知ってからなら、好きなように変えてもいい。どこを自分で変えたか、わかりますからね。他人が変えたところもわかります。
 それをわからなくて弾いてもいいですけれど、曲に対する理解度が違ってくると思うのですよね。
 本当に「曲への敬意」「作曲者への敬意」って大切だと思います。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集