2008年04月23日

よー兄さんブルースだ

「よー、兄さん!今日はブルースだぜ!」
(いきなり不良っぽいイントロで、スマン)

  〜これには、深い理由が…?〜

「今日は何日だっけ?」

4月23日=4(よー)23(にいさん)

「本日の放送内容は?」=<ブルース!>

        それで、

「よー(4月)、兄さん(23日)、
    今日(の放送)はブルースだぜ!」

「何が、深い理由だ。くだらないぞ!」

「いや、そ、そのー、深い理由というのは…」
(ヒロコ先生のブログを読み過ぎて、
    変な影響を受けちゃったのかなあ?)

         ☆

   〜NHKジャズピアノ講座(4−2)〜

「国府弘子の今日からあなたもジャズピアニスト」
NHK趣味悠々テキスト(CD付き)税込1,260円

    本日は<第4回目の放送>です。

♪4月23日(水曜日)夜10:00〜10:25

       内容は、ブルース。

<キーF>の「ブルース」と言えば、
       ジャズ学習者の必修科目。
         セッションでは、必ず演奏する。

本日の録画は重要。失敗は、絶対に許されない。

スタンダード曲を弾けない人でも、これなら弾ける。

これ1曲だけ弾ければ、セッションにも参加出来る。

ジャズ・ピアノへの入り口がわかり、希望が持てる。

ヒロコ先生の教えをよく聞いて今日から練習しよう。

絶対に「ブルース」だけはマスターしようじゃないか。

大丈夫だ。必ず弾けるぞ!補足は、テル先生が…。

    ===============
本物の音楽家になるために - livedoor Blog 共通テーマ

terusannoyume at 08:19│Comments(7)TrackBack(0) NHKジャズピアノ講座 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by SHUN   2008年04月23日 17:04
3 理論的なことや縦の響き(コード)は興味がありわかるのですが、曲を弾く能力がずっと伸びません。努力をしてないというのが一番なのでしょうが、うまく弾けない自分がイヤでストレスになってるいます。でも何事も根性ないとダメですよね。ヒロコ先生がなにげなく弾いてる「春が来た」や「サマータイム」あんな風にいつか軽く弾いてみたい!例えばあんな風に弾けるための必須能力条件ってなんなのでしょうか?まずメロはもちろんですがコード進行の記憶ですよね。でもコードってったって様々な配列がありますよね。やはり手癖を多くもっておくってとこが大きなポイントなのでしょうか?
いちいち直前に頭で考えながら弾いてるとは思えませんしすごい瞬発力が必要になってきますよね?やっぱりほとんど手癖なのでしょうか?素人には謎が多すぎです。
テル先生これからも大変有意義な解説楽しみにしています。ブルース頑張ります。
2. Posted by nana   2008年04月23日 17:14
5 ブルース練習中のnanaです♪
本日の放送、見逃せません!!
アンパンとお茶を用意して22時を待ちます(^O^)
3. Posted by さちぴょん   2008年04月23日 21:56
5 アンパン買ってまいりました(^o^)丿 そうですね、お茶も用意しなくては!

ブルース大好きなのでしっかり見まーす♪
4. Posted by テルさん   2008年04月24日 08:35
 上達しなくて悩んでいる人は全国に沢山います。解決策は先生を探して教わること。ジャズの独習は、ほぼ無理。ヒロコ先生も私も、まわりのプロも、ほとんどの人が何人かの先生に教わって来ています。ですから独習で上手くならないからといって悩む方がおかしい。だから安心して下さい。(変な励まし方?)
 「手癖」ではありません。「頭の引き出し」ですかね?
 「努力」「根性」関係ありません。楽しくてピアノを弾いていたら時間が過ぎ去っていたという感じ。何時間弾いていても本人は「努力の自覚なし」です。
 「根性の人」は本物ではありません。
5. Posted by テルさん   2008年04月24日 08:52
 やめて下さいよ。テル先生の変なところを真似するのは…。
 同じマネするなら「ヒロコ先生の無言の教え」を映像からどれだけ沢山引き出せるか?これを真似する。
「え?それは無理だから形から真似?」
 それを言うなら、ヒロコ先生のリズムの乗り方を真似る。そしてアドリブも、福の神のような笑顔も…。
 上達の秘訣、それはコピーから…。
6. Posted by nana   2008年04月24日 10:26
↑テル先生のおっしゃる通りです。
アンパンのマネをしている場合ではございません(笑)
さちぴょんさん!一緒に頑張りましょう(~O~)
さて・・・まずは「ヒロコ先生の無言の教え」・・・これを引き出さねばなりませぬ。
それでは・・・行ってきます♪♪
7. Posted by さちぴょん   2008年04月24日 12:18
はいっ!ステキなところはどんどん取り入れる精神で行きたいと思います!
昨日のブルース、前回のブギウギと、ヒロコ先生のちょっとした伴奏もすごくかっこいいですね♪ よ〜く見て何とか近づきたいです。そう、楽しそうに演奏するお顔も本当に素敵です☆
「根性の人」は本物ではない、とは鋭い言葉だと思いました。

nanaさん、ありがとうございます(#^.^#) 
みんなで楽しくがんばりましょうね☆

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集