2008年04月19日

ジャズ・コード中級課題

   〜NHKジャズピアノ講座(5−1)〜

「オーバー・ザ・レインボウ」(Over The Reinbow)
を本格的なジャズ・サウンドで弾こうじゃないか!

今回は、新しい企画です。

放送前に「予習をしておこうぜ!」という試みで
   あなたにあらかじめ宿題を出しておきます。

対象者は、
  ジャズ理論を学んだ(または学んでいる)人。

それ以外の人には、まったくわかりません。

理解不可能で当然ですので
      決して落ち込まないようにして下さい。

わからない人、初心者は、前向きに考えましょう。

あなたもジャズ理論を教われば、このような話に
      付いて来れるようになるのですからね。

では、スタートです。

             ☆

「国府弘子の今日からあなたもジャズピアニスト」
NHK趣味悠々テキスト(CD付き)税込1,260円

第5回目レッスン、4月30日(水曜日)放送予定。

テキストの47ページを開いて下さい。

<譜例5−9−2>1番下の2段、8小節の譜例

「オーバー・ザ・レインボウ」で
        リハーモナイズした例…その2

私が今から指定する音を考えて、
        譜例に書き込んで下さい。

♪第1小節目
「D7」
右手に、あと1音、テンションが入ります。
メロディーが♭9thですから正解は1つですね。

♪第2小節目
「Gm7」
1拍目、右手にテンションを1音加えましょう。
本来は使えない音ですが、ここでは可能です。

3拍目、コード・ネームを付けるとしたら…?
そして左右の手に足りない音を付け加えましょう。

♪第3小節目
「A♭M7」
このままでもいいのですが、コードトーンのみです。
テンションを1つ加えましょう。

「D7」
大切なコードトーンが1つありません。
       左右の手、どちらかに加えましょう。

♪第4小節目
「Gm7」
前の小節「D7」をどう押さえたかによって変わります。

「C7」
テンションが1つ欲しいですね。

♪第5小節目
「Fm7」
このままでもいいですが、テンション1つ入りますね。

「D♭7」
大事なコードトーンが1つ足りません。
            どこに入れましょうか?

♪第6小節目
「C7」
♭7thコードで省略してはいけないコードトーンが
2つも抜けています。
あなたは、どこに入れますか?

♪第7小節目
「F7」
このままでもいいのですが、すべてコードトーン。
テンション1つ使える場所がありますよね。

「B♭7」
3拍目は、テンション1つ入りますよね。
   次の♭9thに上手く流れるテンションです。

♪第8小節目
「E♭」
このままでも間違いではありませんが、
         もう少し音を加えてみて下さい。

     ===========

以上です。
ジャズ理論を学んで、実際に使える人なら、
          このヒントで充分過ぎますよね。

本来なら、言われる前に気付いて、
  自分でやっておかなければいけない課題です。

まったく理解出来なかった人は、
   ジャズ理論を教わると、
     この程度の話ならわかるようになります。

なお「このテキストがおかしい」
        などと言うつもりはありませんよ。

なぜなら、このテキストは「初心者用」です。
なるべく「シンプルに」書いてくれたのだと思います。

しかし、本格的なジャズ・サウンドで弾きたい人は、
      私が指摘したコードで弾いてみて下さい。

充分に満足していただけると思います。

  ===============

本物の音楽家になるために - livedoor Blog 共通テーマ

terusannoyume at 07:20│Comments(8)TrackBack(0) NHKジャズピアノ講座 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by さちぴょん   2008年04月19日 19:14
5 これまでの復習&掘り下げ課題もまだ途中だったりするのですが、あまりに興味深かったので予習し始めてみました! ついているコードの意味を考えたり、テル先生のヒントでテンションを考えたり、楽しいです。四声体の和声課題のように、何をどこに入れたらきれいに横につながるのか、楽しい苦労をしておりますが、横につなげようとすると手が届かなくなってしまう時など、あまり厳密に考えなくてもいいのでしょうか? 
2. Posted by さちぴょん   2008年04月19日 19:30
それから、ご存知かもしれないですが、ヒロコ先生のHPに行ってみましたら、21日(月)NHK総合13:05〜13:55の「スタジオパークからこんにちは」に生出演されるようですよ♪ 番組HPによると「女性ピアニストがジャズピアノの講座をスタジオで開催!」とありました! これはこれはチェックではないですか〜?

そしてもう1つ、27日(日)テレビ東京系22:54〜23:24の「みゅーじん」にも出演ということです!
3. Posted by テルさん   2008年04月19日 21:32
 予習の課題も楽しそうですね。手が届かない所の対処法は、そのコードの前後のコードをいくつか変えればいいのですが、大変な作業になります。ある程度わかる人じゃないと、かえってメチャクチャになる可能性が大。
 別の対処法は、メロディーとベース音だけ先に弾き、すぐ裏拍でコード(内声)を弾くとか、分散和音的に弾くのでもいいかな。(弾き方を工夫する)
 あとは、クラシックの和声学ほど厳格ではなくても…?などですかね。
 どれを選ぶかは、その時々によって違いますね。
 それから、ヒロコ先生の情報ありがとう。みんなにも本文で知らせましょう。
4. Posted by さちぴょん   2008年04月20日 01:49
ご回答ありがとうございます!とても勉強になりました。今回少しでも自分で考える機会をいただいたことで、今までふさがっていたジャズへの道が、少〜しですが開けたような気がします。せっかくなので、いい響きを目指していろいろ探求し続けていきたいです。テル先生の解説やヒロコ先生の放送がますます楽しみになってきました!

テレビ情報を載せてくださりうれしいです(^^ゞ きっとまた何かお宝が見つかるのでは?とワクワクしています♪
5. Posted by SHUN   2008年04月20日 08:14
5 いやー、なんかすごく勉強になっています〜。やっぱり自分で考えながらやんなきゃって当たり前のことですが改めて教えて頂いた感じです。テル先生の方がメイン教材になる勢いです。
6. Posted by テル先生   2008年04月20日 11:15
 2人とも、ありがとう。本当に本当に嬉しいです。今回の課題を出す試みに、すぐ反応してくれて…。
 私は最初、こちらから教えてしまう姿勢でやろうと思っていました。
 しかし私が沢山の時間を掛けて書いたものを、ただ読み流す人には何の役にも立ちません。それなら少数でもいいから自ら勉強したい人達に向けて書こうと思い直して課題を出したのです。
 それと、みなさんが自分で積極的にやらないと身に付きませんからね。
 少し方向転換しますが、私のやる気には変わりありません。なるべく多くの人が積極的に参加してほしいですね。 
 では学習を続けて下さい。
7. Posted by SHUN   2008年04月21日 01:41
3 ♪第5小節目
「D♭7」のとこは
大事なコードトーンがないほうが色っぽく感じました。なぜなのでしょうか?
8. Posted by テルさん   2008年04月21日 06:16
 スゴイ質問ですね。上級者用の回答になりますので、しっかり読んで下さい。
 まず大前提は、課題の答えが正解だったのか?ということ。つまり勘違いの答えと比べてしまっては話にならないからです。そこで、正解だったと仮定して話を進めますね。
 上級者になると大事な音を意図的に省略して調性をぼかすようなことをする場合もあります。つまり、気付かないでやった人は「間違い」。明確な意図があってやった人は「正解」になるのです。
 今回の場合「この方が色っぽいからわざとやった」と自信を持って言えば正解になります。微妙な差ですよね?
 常識を知らないで使ったら非常識。充分に常識を知った上でやるなら超常識になるのです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集