2008年04月12日

ただ聴けばいいの…?

   今日のテーマは
「ただ聴けばいいのかな?」です。

「NHKジャズピアノ講座」第1回目の最後に
 前田憲男さんが登場して、ジャズ学習者へ
     貴重なアドバイスをしてくれました。

1つ目は「毎日、練習すること」

2つ目は、この「練習」の時間配分について。

ジャズを上手くなりたかったら、
      6割は「聴く」。
          そして4割で「練習」。

さて、ここからが重要です。

「聴いている間は酒でも飲んでいていいから」

「あっハッハ…」
と会話が進みましたね。

あなたは、この話(酒でも飲んで〜)を、
          どう思ったでしょうね。

そのまま信じた?

「嬉しいなあ。酒でも飲みながらでいいんだ」
と、思いましたか?

それだけで、ジャズピアノが上手くなると…?

これは、前田さんのジョークですね。
      みんなを笑わせるための冗談です。

6割「聴く」までは正しい。

その6割すべてが「飲みながら」でいいのかな?

違いますよね。

6割の時間内で「飲みながら」が
        1割ぐらいあってもいいかも?

これが正解ですかね?多少の個人差はあります。

「CDを聴くことが大切」という話はしましたね。

でも、「ただ聴いていればいいのかな?」です。

ここが肝心。どうやって聴くといいのでしょう。

今までジャズを聴いていなかった人は「まず聴く」

第1段階は、これでいいです。

しかし、それは、ほんの第1歩。ほんの入り口。

今は、とにかく「聴きまくる」でいいでしょう。

しかし、ヒロコ先生や前田さん、そして私が言う
    「聴きまくる」の本当の意味は違います。

この大切なテーマ、いつか、話そうと思います。

terusannoyume at 23:05│Comments(0)TrackBack(0) NHKジャズピアノ講座 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集