2008年04月07日

12キーの初歩訓練法

NHKジャズ・ピアノ講座(1−5)

第1回目の放送で「きらきら星」を
生徒2人に弾かせる場面がありましたね。

最初(1回目)は、藤井くん。
(趣味悠々テーマ曲から約11分40秒)

次(2回目)に、林さんが弾きます。

この時に、ヒロコ先生が
ピアノ低音部でベースを弾きます。

さて、ここからが今日の課題です。

テキスト(13ページ)を開いて下さい。

「国府弘子の今日からあなたもジャズピアニスト」
NHK趣味悠々テキスト(CD付き)税込1,260円
(全国の書店、雑誌、NHKコーナーにあります)

        ☆

<課題>
1.ヒロコ先生のベースラインをコピーしなさい。

♪1回目のベースを、譜例1−4に書き込みましょう。

♪2回目のベースは、譜例1−5に書き込みましょう。

聴いて、すぐわかりますよね。
画面を見たら絶対わかりますよ。

2.このベースラインのコード進行は、
どのように書いたらいいのでしょうか?

コード進行を、譜例1−4、1−5に書き込みましょう。

♪4小節目の4拍目は、何の音を弾いていますか?

♪コードネームを付けるとしたら何のコードでしょう?

           ☆

ここから<実技>です。
今、ベースとコード進行を書き込んだ譜例を使います。

<実技課題>

1.右手でメロディー、左手でベースを弾きなさい。

♪譜例1−4、1−5です。(出来れば12キーで)

2.メロディーを好きなように変えて弾きましょう。

譜例1−5をさらに発展させて自分なりに弾いて下さい。

左手はベースです。難しいと思う人は
簡単なコードを弾くだけでもいいです。

出来る人は、12キーで弾きましょう。

譜面に書くのではなく、鍵盤上で弾いて下さい。

3.コード進行に従ってアドリブしましょう。

左手はベースです。難しいと思う人は
簡単なコードを弾くだけでもいいです。

出来る人は、12キーに挑戦して下さい。

「こんな課題、何のためにやるのよ?」

将来、ジャズの曲を12キーで弾けるようになるには、
最初は、こんな簡単な曲から訓練するといいのです。
将来、女性ジャズ・ヴォーカルの伴奏をする時などは、
自分が覚えた演奏のキーとは違うキーで弾かされます。
(苦痛だと言う方は、楽しいと思うことをしましょう)
         
          ☆

今日の課題は、ここまでです。

この課題、あなたの音楽向上の役に立つでしょう。

そして、私が1番言いたいこと。

番組の1場面からでも、こんなに役に立つ課題が
引き出せるということ。

「観察力」と「応用力」。後は、あなたの「実行力」。

「ある場面、ある出来事から何を学び取るか?」

今後のあなたの音楽人生が変って来るのです。

terusannoyume at 06:21│Comments(2)TrackBack(0) NHKジャズピアノ講座 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by りんちゃん   2008年04月07日 14:41
5 毎日、貴重な講義ありがとうございます。今日はやっとテキストを買う事ができました。ジャズピアノを楽しんで弾けるレベルになりたいと切望しながら、怠け者の私はなかなか練習を実行せずに、進歩ののろまなやつですが、確か先生も、ナマケモノ科に属していると以前おっしゃっていませんでしたか?とても親近感沸いたのですが、マメ科などに変異しないとジャズピアノ弾けるようにはならないのではと思う今日この頃。今日の課題、12キー全部は自信ありませんが、時間許す限り挑戦してみます。それと、「よくスイングしている」と、そうでないの違い、お時間ある時説明していただけたらうれしいです。PS.先日始めて投稿しましたが、評価の意味わからず失礼しました。もちろん5☆です。
2. Posted by テルさん   2008年04月08日 05:16
 のろまさん、こんにちは。私も、のろまさんで困っています。
 のんびりでもいいですから練習して行きましょう。12キーでなくてもいいですよ。いくつかのキーだけでも。
 私の生徒でもプロ、またはプロを目指す人は絶対に弾かせますけれど、初心者や、苦痛になる人、趣味で楽しめればいいと言う人には、やらせていません。
 初心者でも自ら「やりたい」と言えば宿題にしますが、本人の選択で自由にしています。ですから、ある時期になって自分の意思で「よし、やろう」と決心した時にやればいいです。無理をすると練習が苦痛でイヤになってしまいます。
 それでは困りますから、楽しいことをやって下さい。
 コメントありがとう。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集