2008年03月29日

開けてビックリ玉手箱

このブログをいつも読んでくれて
ありがとうございます。

ブログとは、一般的に日記を書くようです。

しかし、私はそれではつまらない。
みなさんに少しでも役に立つことを書きたい。
(たまにネタに困り日記書きました。ゴメン!)

ですから読者がいなければ書いても仕方ない。

ここまで続いているのは喜んでくれる人達のお陰です。

本当にありがたいことです。

          ☆

さて、今回の話なのですが、
あなたは、このブログのコメントまで読んでいますか?

もし、読んでいなかったら、モッタイナイです。
2倍楽しめます。役に立ちます。可笑しいのもあります。

まだ読んでいない人は、一つだけでも読んで下さい。

数日前(23日)の「それでは応用問題です」のコメント。

ジャズピアノは、独習では無理です。(と思っていた)
しかし、方法があった!という話です。

ただし、誰にでも当てはまる訳ではありません。
個人のレベル、いろいろな条件が違いますからね。

それに私が感心したのは、右手のフレーズ。

左手または両手コードは教わらないと…。

逆に、コードなら先生に教わって弾けるけれど
「右手のフレーズがジャズらしくならない」と
悩んでいた人にとってはスゴク役立つ話かも?

正に「開けてビックリ玉手箱」でしょう?

このブログ、本文だけでなく、コメントも楽しいですよ。

terusannoyume at 23:47│Comments(4)TrackBack(0) 効果的なアドリブ上達法 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by サユミ   2008年03月30日 07:02
テルさんのブログ
いつも楽しみに読ませていただいています。役に立つことが満載です。
ありがとうございます。
ずっとずっと続きますように。
2. Posted by テルさん   2008年03月30日 07:28
 サユミさん、ありがとう。そう言ってくれると嬉しいです。
 そして、こうやって1回でもいいからコメントしてくれると「あ、喜んでくれている人がいるんだ」と実感出来るんですよ。
 そうじゃないと、こちらからは皆さんが見えないでしょう?だから喜んでいるのか、あきれているのか(それはあるかも?)まるでわからない。
 それで時々不安になるのです。こんなことやっていていいのかなってね。
 でも、逆にあまり反応がないということは、もっといい記事を書けと言う皆さんの励ましの無言メッセージなんだと。
 そこで「申し訳ありません。努力します」と思うようにしている。
 でも、やはり今まで隠れていた人が出て来てくれた時が1番嬉しいですね。
 本当にどうもありがとう。
3. Posted by 元輝さんの弟子   2008年03月30日 09:37
輝さんに私の今の先生(若くて美人の女性)を紹介して、万一先生が夢中になってこの素晴らしいブログが停滞しても多くの読者に私が恨まれてしまうのでしばらくは伏せておきます。
4. Posted by テルさん   2008年04月01日 01:27
 いよいよ春ですね。
 心がときめく季節です。
 若くて美人の先生を紹介してくれるには1番いい時期ではないでしょうか!
「いい加減に紹介しなさい!」……
 しかし今回のコメント、確かに的を得ていますよね?
 ちょうど春の新展開も始まるしね。
 さすが元弟子です。テル先生の性格をよく知っています。みんなに恨まれないように今後の発展に期待しようかな。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集