2008年03月08日

それは才能の問題か?

08年3月8日(土曜日)

昨日(金曜日)夜から京都に来ています。
今日も午前中からカフェでパンとコーヒー。

お昼からはジュンク堂(四条通り)に行き、
3時にドリーム音楽院に帰って来ました。
今からレッスンが始まります。

「レッスンの寸前でブログなど書いていいの?」

いつもなら夜中か早朝ですよね。
落ち着いて、ゆったり書けますからね。

でも時間があると考え過ぎてなかなか進まない。

そこで、あわただしい時ならどうかと思って、
わざと今、こうして実験をしています。

          ☆

……、あせっています。
時間がなくても、あっても、結局なかなか進まない?
(才能ないのかな?)

私は昔(教則本を出していた頃)から書くのが遅い。

読んでいる人達は、すらすら書いているように思うらしい。
(内容のないことも沢山書いているので仕方ないけど)。

早く書ける人がうらやましい。

一行書くごとに読み返すのがいけないのかも?

思い付いたことを、すらすら書いていけばいいのかな?

わ!もう時間がない!

次回は、やっぱ時間がある時にじっくりと書こうかな。

あわただしくて、ごめんなさい!

じゃあ、またねー。

terusannoyume at 15:50│Comments(2)TrackBack(0) 「日記」読まないでね! 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by SOFOUR   2008年03月08日 23:05
一行書く毎によみかえしておられたのですね? 緻密ですね。ホントにそうは思えない軽やかな筆致ですね。私なんかはバーっと欲望の赴くままに書いて、最後に読み直して修正加筆します。まあ師匠のようにみっしり内容のある文ではないので、修正加筆といっても大した変わりはありませんが。いつも内容みっしりは大変なご苦労だと思いますので、どうぞ息を抜きながら更新してください。
2. Posted by テルさん   2008年03月09日 04:21
 このブログが「書く訓練」になっている気がします。以前より少しは速くなったかなとは思うのですが、こんなコメントでも少し時間が掛かってしまいます。
 不特定多数の人が読んでいることを意識するからか?いや、関係ないかな。
 なぜ、もっとすらすら書けないのかなと、何とかコツをつかもうと思っています。やはり何回も読み返さないことも、コツの一つですね。(と言いながら、また最初から読んでしまいました。習慣になってしまったようです)
 気楽に気長に楽しく書いて行こうと思います。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集