2008年02月03日

上達のための大切な心得

最近このブログに出会った人は、
「どこに大切な課題(記事)が書いてあるのか?」
探すのが大変だと思います。
(記事も250を超えたので)

そこで今回は復習も兼ねて大切な基本課題の話です。
以前には話さなかった注意も加えておくつもりなので、
前からの読者にも何らかの知識が得られると思います。

ジャズ・ピアノ上達を望む人、またはジャズに限らず
即興演奏を弾けるようになりたい人。

ジャズや即興に興味がなくても、クラシック・ピアノを
もっと上手くなりたい人。曲を早く確実に覚えたい人。

まだまだいろいろな条件があるでしょうが、とにかく
ピアノ、またはキーボードを上達するためには基本
練習が大切なのです。

しかし、ほとんどの人は、
「そんな基本は、もう出来る」と思ってやりません。
実は、それは錯覚で、ほとんどの人は出来ません。

例えば、
基本コードのメジャー・コード(長三和音)を
下から弾いて行き、元に戻る課題。

「C」(基本型=ド、ミ、ソ)
第1転回型(ミ、ソ、ド)
第2転回型(ソ、ド、ミ)
オクターブ上の「C」(基本型=ド、ミ、ソ)

以上の順に上がって行き、
続けて、これを逆に下降して始めの和音に戻る。

この課題を完全4度ずつ12キーで弾きます。

以下の順です。

♪完全4度上行。
|| C | F | B♭ | E♭ |
| A♭ | D♭ | G♭ | B |
| E | A | D | G ||

各キーで「C」の例と同じように、基本型、転回型を
なるべく速いテンポで弾いて行って下さい。

「こんな簡単な課題なら出来る」と思いますか?

一つのキーが終ったら「えーと、次のキーは…」
などと、止まって考えては失格です。

「ぱっぱか、パッパカ」お馬さんが調子よく走る様に
途中絶対に止まったり、間違えないで弾くのです。

「さあ、あなたは本当に弾けるでしょうか?」

「最後まで1ヵ所も間違えないで弾く自信ありますか?」

私が40年以上教えて来た経験から想像すると、
多分あなたは「完全には弾けない」と思います。

ここで、みんなが「よくやる間違い」を話します。

この課題のどこか途中のキーのコードで1音だけ間違え、
「あ!」と思って、すぐに修正して弾き続けます。
本人は、すぐに修正したのだから「これは間違いではない」
と思っているでしょうが、これは完全に間違いです。

弾く寸前に「100%わかっていたら」
1音だけ間違うことは有り得ないからです。

つまり「大体このへんだよね」と弾いてから、
「あ、どこか違う」「あ、そうだ、ここだ」というのは、
瞬間的であっても、まだ完全にわかっていない証拠です。

あなたも、それを自覚して練習しましょう。
ほとんど人は「無自覚で」やっています。

私の生徒も、ほぼ全員どこか間違えます。
簡単な様で、決してバカに出来ない課題です。

私の教室では曲と並行して基本課題をやっています。

基本課題だけでは、面白くありませんからね。
(本当は面白いのですが…)

これが出来たら「マイナー」や「7thコード」
なども練習していきます。

そして「無自覚」はジャズ、クラシックに関係なく、
すべての曲を弾いている時にも当てはまります。

「あ!」っと、間違えた時、
自分は「どこを、どの様に間違えたか」を確認して、
そこを確実に覚え直して下さい。

これを、いい加減にやっていると、
「練習時間を掛けている割には上達しない」
という状態になります。

あちらこちらに、
まだ「あやふやなところ」が残っているからです。

terusannoyume at 12:16│Comments(4)TrackBack(0) 愛と感謝の即興演奏法 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by masu   2008年02月03日 13:10
わたしは、先へ進みたい上達したいと焦るほど基本をなおざりにしてしまいます。曲の練習に意識が行くと、こういう基本練習をやらなくなってしまったりします。

ためになる記事、ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。
2. Posted by テルさん   2008年02月03日 22:42
 先に進みたい、上達したいというのは自然でおかしいことではありません。
 本文にも書きましたが、私の教室でも曲や他の課題と並行してやっています。
 独学の人は自分が興味のあることしかやりません。それでもある程度の所までは行けるでしょう。しかし、いつか行き詰る時が来ます。どうしたら前進出来るのか自分ではわからなくなるのです。
 そんな時こそ、基本に帰る時だと思います。
 でも、1番いいのは普段からやっておくことです。強制的じゃないと、独習では難しいかもしれませんが、曲と並行して楽しくやるのがコツですね。
3. Posted by masu   2008年02月03日 22:52
基本練習、短時間でも毎日の日課にします。1日15分でも1年で90時間ですね。
4. Posted by テルさん   2008年02月03日 23:01
 そうですね。毎日の日課にして、習慣になってしまえば決して苦痛ではありませんからね。むしろやらないと何か気持ち悪い。
 心掛け次第です。楽しんで下さい。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集