2008年01月02日

奥が深いよ!「ヘミシンク」

今回の話は、一部の人達だけに通じる話です。
ほとんどの人は読まなくていいですよ。
読んでも、きっと誤解します。
自分の先入観だけで判断しようとするからです。

ここから先は、読むのをやめましょう。

秘密の話になります。
本当の「ザ・シークレット」です。

      ☆

「体外離脱」「死後体験」で有名になった
「ヘミシンク」についてです。

ベストセラーになっている本もあって、このテーマ、
多くの人達が関心を示す時代になっているのですね。

これは非常に奥が深くて、応用範囲も広く、
いろいろなことに利用出来ると思います。

私は、何年も前から「ヘミシンク」に関係する本は
ほとんど読みましたが、実践まではしていませんでした。
しかし、ここ1〜2ヵ月、それらの本を読み直し、
1ヵ月前から「CD」を数回に分けて購入し始めました。

ゲートウェイ・エクスペリエンス・シリーズ(Wave機銑此砲筺
メタ・ミュージック、マインド・フード、その他などを
少しずつ試している段階です。

まだまだ入門です。本格的ではありません。

私の目的は、いろいろあるのですが、その内の1つは、
「音楽の能力開発に使えるのでは?」と思ったからです。
具体的な方法は、今は言えませんが、
まず自分で試してみようと思っています。

このブログの「作曲法あれこれ」で取り上げたように
曲が聞こえて来る人達と同じ体験をする方法の一つとして
「ヘミシンク」が使えると思うのです。

ただ、何も知らない人が
興味本位だけでマネされても「危険かな?」と思い、
ブログに書くのは止めようかと迷っていたのです。

しかし、ひょっとしたら読者の中にも、体験者、
あるいは以前から興味がある人もいるかもしれません。

そこで、少し様子を見てみようと思って
今回、思い切って書いてみました。

terusannoyume at 23:59│Comments(0)TrackBack(0) 精神世界は面白いよ! 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集