2007年12月12日

「幻想即興曲」分析(5)

今回は、ショパン「幻想即興曲」(作品66)分析の応用編、
「幻想即興変奏曲」(その1)です。

誰でもクラシック風の即興が楽しめます。
あなたは、ショパンになった幻想を見ることでしょう。

ジャズ・ピアノ学習者も、ぜひ練習しましょう。
普段左手はコードを弾くだけで、あまり動かさないですよね。
「左手を鍛える」、とてもいい機会ですよ。

原曲のキーは、シャープ4つ「C♯m」(嬰ハ短調)ですが、
これでは即興が難しいので半音下げて「Cm」(ハ短調)にします。

では、始めましょう。

             ☆

♪<左手の伴奏>
ショパン「幻想即興曲」5小節目から8小節目まで、
左手の伴奏を半音下げて五線紙に書き出して下さい。
(原曲を必ず見て下さい。見ないと各音が上がるのか、
下がるのか、まったくわからないと思います。)

4小節のコード進行は、以下のようになります。

|Cm| Cm|Dm7(♭5)|G7|

♪1小節目「Cm」
「ド、ソ、ド、♭ミ、ド、ソ」と
「♭ミ、ソ、ド、♭ミ、ド、ソ」ですね。

♪2小節目「Cm」
この小節は、前小節と同じです。

♪3小節目「Dm7(♭5)」
「レ、♭ラ、ド、ファ、ド、♭ラ」と
「ファ、ド、レ、♭ラ、レ、ド」ですね。

♪4小節目「G7」
「ソ、レ、ファ、シ、ファ、レ」を
2回繰り返します。

もう1度言います。
「必ず原曲を見て、移調して書いて下さいね」

左手伴奏は、この4小節をずっと繰り返します。

途中でトイレに行きたくなった人は
必ず「Cm」で終らせて下さい。
「G7」でやめると「スッキリ」しませんよ。

しばらくの間、左手だけ練習して慣れて下さい。

♪<右手の即興演奏>
あなたが好きな様に即興演奏を楽しんで下さい。

では、さようなら〜。

「えー、ワタシは即興なんて出来ない!」
と叫ぶ人が(ひょっとして)いるかもしれませんね。

そこで、次回は、
「即興演奏なんて絶対弾けない自信がある」と言う人と、
「絶対弾かせる自信がある」テル先生の対決になります。

それまで、左手だけは練習しておいて下さいね。

terusannoyume at 06:24│Comments(0)TrackBack(0) 愛と感謝の即興演奏法 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集