2007年11月09日

秘伝は奥が深いんだ!

11月9日(金曜日)

「ザ・シークレット」を読みましたか?
または書店で見掛けたでしょうか?

私が、この本を紹介するのは意味があるのです。

本の最初に、偉大な人達はこの法則を知っていた
というところで、ベートーヴェンの名前も出て来ます。

本には名前が出て来ませんが、音楽家ではバッハ、
モーツァルトなども法則を知っていたでしょうね。

あなたも、これから音楽をやっていく時に、
いや何をやる場合でも当てはまる法則です。

「思えば夢は実現する」

この法則を知っている、または知らないでは、
今後の人生が大きく変わって来ます。

この本に書かれていることは事実ですからね。

・・・・・・・・・・

ところが、ここからが問題なのです。

書いてあるとおりに実行しても、
夢が実現する人と、しない人がいる。

むしろ、しない人の方が多い。

同じ人でも、この前は実現したけれど、
今回は実現しなかった、ということもある。

「なぜ、なんだろう?」
「どこが、いけないの?」

ここから本当の「心の探求」が始まると思います。

「なぜ、音楽をやるの?」
「どうしたら上達するの?」

「私は、何をするために生まれて来たの?」

そのような意味で、この本は今後の生き方を考える
いい切っ掛けになるのではと思ったのです。

ですから「ザ・シークレット」を入門書、導入として、
さらに奥が深い世界に行けるかもしれませんよ。

terusannoyume at 10:00│Comments(14)TrackBack(0) 精神世界は面白いよ! 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 夢みるMama   2007年11月11日 12:38
ザ・シークレット、一気読みしました。これまで精神世界には無縁で、「引き寄せの法則」という言葉すら知りませんでしたが、かなり共感し似た経験もしています。この本を読んで「自分が本当にやりたいと思うことを絶対に実現させてやる、という強い信念をもって行動すれば、実現に向かって環境や縁そして人が近づいてきて夢が叶う」と理解しました。
2. Posted by 夢みるMama(続き)   2007年11月11日 12:46
私は今ピアノはやってませんが、本当にやりたい事、夢中になれるのはピアノです。その思いがこのブログにたどり着き、夢にほんの一歩近づいた気がします。テル先生のジャズ風に弾く「バイエル」と「日本の歌」も昨日ゲット!そして、ジャズマスターシリーズのVol.1と9を取り寄せ中です。今日からほんの少しずつ(10分とか15分くらいだと思いますが)ピアノを弾き始めます。テル先生のブログレッスンスタート!!まずはコードとスケールですね。頑張ります!
3. Posted by mayaya   2007年11月11日 19:16
夢見るmamaさんへ:
コードとスケール、はじめられたのですね。わたしも、ゆっくりとですが進めています。いっしょにがんばりましょう。

ところで、初心者の私は、いきなり第1転回形、第2転回形のミックスした形(課題3−3)になると、キーCは先生がメロデイーを書いておいてくださったので弾けますが、キーF以降になると、メロデイーをとっさに弾けません。

テル先生に質問です:
なので、キーF以降は、いったんメロデイーとそのコードの転回形を五線紙に書き出して、それで覚えるまで練習する、という形をとってよいでしょうか。

リズムは、工夫して楽しんで弾いています。
4. Posted by ふじ   2007年11月12日 01:37
輝先生、今日も沢山ありがとうございました。ベートーベンはJazzに通じるものがあるのに、ホルストは別世界なんですね。。本当に音階って奥深いですね。。
ところで、調べたら、諸井誠さんは、諸井三郎さんの次男さんだそうです。
ザ・シークレットも注文しました!。
いろいろと豊かなジンセイに向かって生活を楽しもうと思います。
5. Posted by テルさん   2007年11月12日 08:31
 夢みるMamaさんへ、精神世界は面白いでしょう?ただ1つ注意です。実現させて「やる」と解釈すると、力んでしまうのです。それは「念力」ですから天狗さんの世界に行ってしまいます。
 思ったら、後は宇宙にお任せするという謙虚な姿勢の方がいいですよ。
 秘伝書は何回も読み返して下さい。奥が深いので、1回読んでも勘違いが沢山あると思います。
 ピアノも「絶対弾いてやる!」ではなく「ピアノが弾けることに感謝します」という様な言葉を自分で考えてみて下さい。
6. Posted by テルさん   2007年11月12日 08:49
Mayayaさんへ。メロディーを書き出してもいいですよ。でも書かなくても出来る方法があります。「移動ド」で読めばいいのです。ただし、絶対音を持っている人は「固定ド」じゃないと駄目、いや頭が混乱するでしょうね。
 別の方法もありますが、この問題は長くなりますので、ブログの方でいつか書きましょう。
 今は、取りあえずコードとスケールを1つのキーごとに書き出して練習しておいて下さい。(大変でしょうが)
7. Posted by テルさん   2007年11月12日 09:06
 ふじさんへ。基本コードを覚えておくことや、すぐ弾けるようにすることなどが、クラシックを弾く時、また分析する時にも如何に大切か、よくわかったと思います。
 そして1音1音の意味がわかると楽しいですよね。ベートーヴェンや他の作曲家も気分で作っているのではなく、実に細かい所まで気を使っていることが、今日もよくわかったと思います。
 次回もお楽しみに。
 ところで「秘伝書」を注文したのですね。これも楽しい世界ですよ。今後の人生が変わります。
8. Posted by mayaya   2007年11月12日 09:45
テル先生。丁寧なお返事ありがとうございます。いつも感謝しています。
 「移動ド」そうか!Key Fなら「ファ」が「ド」と考えるのですね。絶対音感はないので大丈夫です。
 でもコードトーンがまだ不確かなので、やはり五線紙に書き出したほうが安心です。五線紙に書いてみたら、♭や♯のついていく順番もわかったりして(完全4度移動だからですね)、それほど大変じゃないです(まだ途中ですが)。

 私は視覚重視のタイプのようで、まず目で正しいかどうか確認できないと不安なのです。耳で確認できなくちゃいけませんよね。こんなでアドリブができるようになるのだろうか、と不安ではありますが、最初はとにかくコツコツ行きます。
 

9. Posted by 夢みるMama   2007年11月14日 23:49
テル先生、コメントありがとうございます。とっても身にしみます。
10. Posted by 夢みるMama(続き)   2007年11月15日 00:01
操作ミスでコメント中で投稿してしまいました。。続きです。
今の私は心底「思ったら宇宙にお任せする」&「ピアノを弾けることに感謝します」という域には残念ながら達してません。。「心もまだまだ成長させないとダメだな」と痛感しました。秘伝書は一気読みではなく、じっくりと読んでみます。
ところで、ほんのボチボチですがコードとスケールの練習を始めてます。これから覚える、という段階ですが。自分なりにリズムつけながらやってみてます。

mayayaさん、コメントありがとうございます。励みになって嬉しいです!これからもよろしくお願いします。
11. Posted by テルさん   2007年11月17日 00:46
 現実社会を生きていると、感謝なんか出来ないことばかりと思うのが正直なところかもしれませんね。
 でも、そこを何とか(始めはウソでもいいから)感謝の言葉を言い続ける。口ぐせにする。
 そうすると不思議なことに、現実が変わってくる。もし現実が変わらなくても自分の気持ちが変わってくる。屋根がある家に住めて幸せとか、毎日ごはんが食べれて幸せとか・・・。
 少しずつ感謝出来るようになりますから、ぜひ実行してみて下さい。
 いつも感謝している人のところに幸せが「引き寄せ」られるのですからね。
12. Posted by 夢みるMama   2007年11月18日 00:16
「屋根がある家に住めて幸せ」、「毎日ごはんが食べれて幸せ」。確かにそうですよね。「屋根がある家に住んで毎日ごはんが食べれる」というのは当たり前のように思っていますが、世の中そうしたくてもできない人もいるんですものね。
13. Posted by 夢みるMama(続き)   2007年11月18日 00:25
ほんの短い時間とはいえ、自分のやりたい事ができる時間を持てる、というのは本当にありがたいことですよね。大切な事を気づかせて下さってどうもありがとうございます。色んな事に実行してみます。

話は変わりますが、注文していたジャズマスターシリーズは在庫なしでした。絶版なんですね。残念です。
今週は毎日練習を達成し、出足はまずまずです。過去のブログも見始めています。
14. Posted by テルさん   2007年11月18日 00:46
 毎日少しでもいいので練習を続けて下さい。今週は「毎日達成」なんて、いい感じですね。
 時間がない人は、かえって充実する場合もあります。自分のペースで進めればいいと思いますよ。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集