2007年10月16日

基本コード重要課題

10月16日(火曜日)

まだ京都にいます。
京都に来た時は、なかなか落ち着いて投稿出来ません。
資料はすべて東京にあるし、こちらは雑用もある。
生活のペースも乱れる。(もともと乱れているのが余計に)

夜中(朝方)に書こうと思っていても、そのまま寝てしまう。

新しい記事は投稿出来なくても、
コメントの返信ぐらいは書こうと思っています。
しかし、それも遅れてしまうこともありますね。

マイペースで申し訳ありませんが、
無理をして体の調子がおかしくなっても困りますし、
とにかく眠たくなったら寝る方針でやっています。

今日の夜遅く東京に帰りますので、
明日からは、また講座の続きが書けると思います。

最近書きました「かえるの合唱」の課題。
先入観で「つまらない」と思う人も多いでしょうが、
実はとても役に立つ課題なのです。ほとんどの人は
重要な意味になかなか気が付かないのですね。

ぜひ12キーで練習して下さい。

専門的に言うとダイアトニック・スケール・コードで
よく使われるとても応用範囲が広いコード進行です。
遊び感覚で楽しみながらマスター出来るように考えた
傑作練習課題なんですよ。


terusannoyume at 06:53│Comments(8)TrackBack(0) 「日記」読まないでね! 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by さちぴょん   2007年10月17日 02:07
テル先生、いつも楽しくためになる課題(?)をありがとうございます!
おかげで日々刺激を受け、毎日が充実しています♪
「ガラスの仮面」もどっぷり浸ったまま42巻まで読み終えて、何だかいろんな意味で若返った気がしていますよ!

もうすぐで1年なんですか…すごい内容の濃さですね!
テル先生のパワーにはいつも感服しておりますが、どうかご無理だけはなさらずに、これからもぜひ「マイペース」で、楽しい提案をよろしくお願いします☆
2. Posted by テルさん   2007年10月17日 04:40
さちぴょんさん、こんにちは。
 課題の(?)は何ですか?「ガラスの仮面」を読んで感想を書きなさい、という課題のこと?
 42巻まで読み終えたんですね。すごいですね。「若返った」って、さちぴょんさんは「お年寄り」なのですか?
 「ガラスの仮面」を読んで、ピアノもさらにやる気が出たのでは?
 音楽でも演劇でも何でも好きなことを楽しんで一生懸命やる。これが上達の秘訣ですね。(マヤ、亜弓さん、ありがとう!感謝ですね)
3. Posted by さちぴょん   2007年10月17日 23:48
そうですよね♪ 好きなことを一生懸命やっていたらいつのまにか上達していた…というのがまさに私の理想です!
テル先生の「課題」も、「わ、おもしろそう!やってみたい!」とワクワク取り組めるものばかりなので、こんな楽しいものをはたして「課題」と呼ぶのかな?という意味で(?)をつけたのでした(^.^)
お年寄り…ではないんですが(ヒント:「ガラスの仮面」のスタート時、マヤちゃんより1つ年下だったことが判明しました…笑!)、「ガラスの仮面」を読んでいる期間、気持ちにハリがあったせいか、奇跡的に持病の腰痛が一度も出なかったんですよ(#^.^#)
4. Posted by さちぴょん   2007年10月17日 23:59
あ、すみません。
なんとなく名前を、satchipyonから、ひらがなに変えました(^^ゞ
よろしくお願いします☆
5. Posted by テルさん   2007年10月18日 03:46
やはり、さちぴょんさんでしたか。
「ガラスの仮面」全巻読み終えたという内容で、ひょっとしたらと思ったのですが・・・。旧姓は、何と読んでいいかわからなくて入力しにくかったです。変えた名前の方が読めるし、短いし、日本語入力のままでいいので楽ですね。名前は相手のことも考えた方がいいかもしれないので、今回の変更は正解ですね。
 幸(さち)がピョンと来て幸せになれる人。なるほどね。だからネットで安く欲しいものを探して手に入れる名人なのですね。(テル式こじつけ解釈術)
6. Posted by さちぴょん   2007年10月19日 00:19
正解でしたか! そう言っていただけてよかったです(#^.^#)
すぐに変更をお知らせしなくて本当にごめんなさい(>_<)
ひらがなのHNは、昔よその掲示板で使っていたんですが、イイ歳をしてちょっと恥ずかしいかなと思い、横文字表記にして大好きなサッチモにあやかろうと“t”を入れてたんです(^^ゞ 
そうしたら、自分でもなんだか打ちづらいし、パッと見も読みづらいかな、と感じて…。
名前一つで幸運がやってくる、なんてこと結構あるのかもしれませんね〜☆
7. Posted by ふじ   2007年10月20日 23:06
 今日はワタシのクラシックの師匠であるYukino先生のレッスンを受けたんですが、彼女からは、手塚治虫の、”ワンダー・スリー””ノーマン””白いパイロット”を勧められました。結構古い作品らしいんですが。早速、ヤフオクで注文しました。
 いろいろと感じる心のアンテナを持つことが、演奏する際のメッセージにつながるんですよね。
8. Posted by テルさん   2007年10月22日 07:07
ふじさんも大変ですね。
 2人の先生に「ピアノ」を教わりに行っているのに「漫画」を読めなんて言われてしまって。。。
 でも、自分が学んでいる分野だけでなく、他のジャンルに理解をしめすことも大切だと思います。
 人生を楽しみながらいろいろ学んで行きましょう。
 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集