2007年10月10日

愛と感謝の即興演奏法(10)

今回は、前回(9)の応用で曲を弾きます。
(前回を復習してから読んで下さい)

「かえるの合唱」
歌詞は、
♪かえるのうたが〜、きこえてくるよ〜

4分の4拍子(8小節)

|ドーレーミーファー|ミーレードー*|
|ミーファーソーラー|ソーファーミー*|
|ドー* ドー*|ドー* ドー*|
|ドドレレミミファファ|ミーレードー*|

縦の線「|」は、小節線。
「ド」などの音階名は、8分音符。
横の線「−」は8分音符分のばすので「ドー」が4分音符。
「*」は、4分休符。

♪2小節ずつ解説します。

<1〜2小節>
|ドーレーミーファー|ミーレードー*|
前回の練習、第1転回型を応用しよう。
右手で以下のコードでメロディーを弾きます。

C   ミ、ソ、ド  ←
Dm  ファ、ラ、レ ←
Em  ソ、シ、ミ  ←
F   ラ、ド、ファ ←

各コードの1番上にメロディー音が来ていますね。
左手は、ずっと「ド」を弾きます。

<3〜4小節>
|ミーファーソーラー|ソーファーミー*|
前回の練習、第2転回型を応用しよう。
右手で以下のコードでメロディーを弾きます。

C   ソ、ド、ミ  ←
Dm  ラ、レ、ファ ←
Em  シ、ミ、ソ  ←
F   ド、ファ、ラ ←

各コードの1番上がメロディー。
左手は、ずっと「ド」のみを弾いています。

<5〜6小節>
|ドー* ドー*|ドー* ドー*|
メロディーが動かないので、他の声部を動かそう。

まず、メロディー「ド」は、鍵盤中央の「ド」。
その「ド」から6度下の「ミ」を右手、
その「ミ」から10度下の「ド」を左手。
以下のように弾く。

右手(メロディー「ド」の下で同時に弾く)
|ミー* ファー*|ソー* ラー*|

左手(上の右手から10度下で弾く)
|ドー* レー*|ミー* ファー*|

<7〜8小節>
|ドドレレミミファファ|ミーレードー*|

7小節目は、1小節目の押さえ方を8分音符で。
ただし、ベース音は「ソ」の音を弾く。

8小節目、右手は2小節目と同じ。
ただし、左手は「ソ」を2拍、3拍目で「ド」。

単純な曲ですが、このように弾くと面白いでしょう?
基本コード練習課題の応用です。
さらにスタンダード曲などにも応用出来ますよ。

terusannoyume at 04:50│Comments(3)TrackBack(0) 愛と感謝の即興演奏法 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by yumiko.k   2007年10月10日 13:33
初めての書き込み、大丈夫でしょうか?
ブログすごいです。
多方面にわたり大変参考になります。
ただ楽譜と違って苦労しますね。
限りなく貴重な情報があり、時間が・・
2. Posted by きらりん   2007年10月10日 23:31
待ってましたよぉ〜っ!!愛と感謝の即興演奏法☆感激!うれしいです。
さっそく練習しま〜す。
3. Posted by テルさん   2007年10月11日 09:30
 yumikoさん、初登場ですね。このブログあと少しで200記事になります。くだらない記事も沢山ありますが、役に立つ情報も沢山あるので、これから読む人は大変でしょうが、最初からゆっくりじっくり楽しんで下さい。
 きらりんさん、申し訳ありません。最近は横道にそれてしまって・・・。
 この曲に関しては、これで終わりにするつもりだったのですが、お詫びにもう少しカッコよくなるように続けます。
 楽しんで下さい。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集