2007年09月19日

童謡ジャズ・ピアノ講座(3)

ジャズ・ピアノ「夕焼小焼」(3)

童謡「夕焼小焼」をジャズ・ピアノにアレンジ。
ジャズ・コードの秘密(積み重ね方)が学べます。

専門的に言うと、左手のコードで
テンション(9,♭9、13、♭13など)を
どの様に使っているのか?

実際のジャズ・ピアニスト達が使用している
本格的なコードです。

童謡のイメージだけで軽く見ないようにして下さい。
内容は、中級〜上級者用です。

<教材>
♪「楽譜」は、

「日本のうた」坂元輝 編 著
¥1,800+税 (中央アート出版社)

ネット、楽器店などで手に入ります。

♪「CD」でも聴けます。

「海を見ていたジョニー」坂元輝トリオ
¥2,625(税込み)
CDSOL−1155 (発売 ウルトラ・ヴァイヴ)

一部のタワーレコード、HMVなどにありますが
一般のCDショップにはありません。
ネットで検索して下さい。
「CDタイトル」と「演奏者名」で出て来ます。

          ☆

<テーマ練習用 ・75〜76ページ>
前回の続き、左手コードの構成音。

今回は、17小節目からです。

[C]17〜24小節目まで

Fmaj7 → 1,3,5,7、

F♯dim → 1,♭3,♭5,♭♭7(6と同じ)

Cmaj7(Bass G) → 5,7,1,3

A7 → ♭7,♭9,3,♭13

D7 → 3,♭7,9

D♭7 → 3,♭7,9

C7 → 3,♭7,9

B7 → 3,♭7,9

B♭7 → 3,♭7,9

A7  → ♭7,3,♭13

A♭7 → ♭7,3,♭13

G7  → ♭7,3,♭13

♭♭7(♭が2つ=減7度)は、長6度で考えてもいい。
ただし、クラシックでは厳格に書く。

♭13=短6度上の音と同じ。

初心者には何のことか、さっぱりわからないかもしれませんが
楽譜と数字を比べながら弾いていると少しはわかるかも?

          (続く)

terusannoyume at 01:29│Comments(1)TrackBack(0) 愛と感謝の即興演奏法 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by satchipyon   2007年09月20日 02:45
いつも貴重なブログ上講座をありがとうございます!
「芸術の秋」も、もちろん忘れてはいけませんよね(^^ゞ
ステキな響きの秘密を求めてがんばりますので、
よろしくお願いいたしますm(__)m

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集