2007年09月05日

愛と感謝の即興演奏法(8)

前回の課題「ちょうちょう」を
5歳の子が全調で弾けるそうです。
ところが小学生など年上の子達は全滅。

「あなたは、どうですか?」

大人は幼児を軽く見てはいけませんね。
新人類(ニュータイプ?)なのかもしれません。
旧人類より優秀なのかな?

          ☆

さて今回は、
前回の「ちょうちょう」を少し発展させます。

コードCのメロディーが「ソ」または「ミ」の時に
半音下から解決させる音を(コードごと)弾きます。

「♯ファ→ソ」、「♯レ→ミ」
つまりメロディー「♯ファ」と「♯レ」の時に、
コードBを弾き、「ソ」と「ミ」の時はコードCを弾く。

Cのコードに向かって
半音下のコードBを弾けばいいだけのことです。

Dmは「レ」に半音下から解決させる音を弾きます。
「♯ド→レ」
「♯ド」=「C♯m」、「レ」=「Dm」

「ちょうちょう」の1小節目を例にすると、
「ソミミー」の時に2拍目の「ミ」を「♯レ」に変えて
「ソ(♯レ)ミー」のように弾きます。

では、早速練習してみましょう。
前回までのように右手はコードで
1番上にメロディーが来るようにして、
左手はベース音のみでしたよね。

[A1]4小節(左手は「ドの音のみ」)
<もとのメロディー>
|ソミミー|ファレレー|ドレミファ|ソソソー|
上のメロディーを以下のように変えます。
<変奏>
|ソ(♯レ)ミー|ファ(♯ド)レー|ドレミファ|ソ(♯ファ)ソー|

[A2]4小節(左手は「ドの音のみ」)
<もとのメロディー>
|ソミミミ|ファレレレ|ドミソソ|ミミミー|
<変奏>
|ソミ(♯レ)ミ|ファレ(♯ド)レ|ドミソソ|ミ(♯レ)ミー|

[B]4小節(注意、左手は「ソの音のみ」に変わります)
<もとのメロディー>
|レレレレ|レミファー|ミミミミ|ミファソー|
<変奏>
|(♯ド)レレ(♯ド)|レミファー|(♯レ)ミミ(♯レ)|ミファソー|

[A3]4小節(左手は「ド」です)
|ソミミミ|ファレレー|ドミソソ|ミミミー|
<変奏>
|ソミ(♯レ)ミ|ファ(♯ド)レー|ドミソ(♯レ)|ミ(♯レ)ミー|

以上で16小節。では、挑戦して下さい。

        ☆

<前回の復習と今回のまとめ>

メロディーの音が1番上にくるように
右手でコードを弾きます。

メロディー「ド」の時は「ミソド」
メロディー「レ」の時は「ファラレ」
メロディー「ミ」の時は「ソドミ」
メロディー「ファ」の時は「ラレファ」
メロディー「ソ」の時は「ドミソ」

そして今回は、次のコードが加わりました。

メロディー「♯レ」の時は「♯ファ、シ、♯レ」(コードB)

メロディー「♯ファ」の時は「シ、♯レ、♯ファ」(コードB)

メロディー「♯ド」の時は「ミ、♯ソ、♯ド」(C♯m)

          ☆

シンコペーションを使ってカッコよく弾いて下さい。
ここに書いたことは、あくまでもヒントです。
上手い人が弾くと、すごくカッコいいです。
逆に、工夫を加えない人の演奏は、つまらないです。

terusannoyume at 02:37│Comments(0)TrackBack(0) 愛と感謝の即興演奏法 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集