2007年08月15日

愛と感謝の即興演奏法(7)

今回は、今まで練習してきたことを応用して
メロディーを弾きましょう。

「ちょう ちょう」をジャズ風に弾きます。

12キーの練習にもいいですよ。
理由は、5つの音(ドレミファソ)しかないから簡単。

原曲は4分の2拍子ですが
倍にして4分の4拍子(16小節)にします。
4拍子ですから1小節に4分音符4つ。
1小節目は、最初の2音「ソ」と「ミ」は4分音符、
3つ目の「ミー」は2分音符です。

♪<メロディー>と<形式>
[A1]4小節(左手は「ド」の音のみです)
|ソミミー|ファレレー|ドレミファ|ソソソー|

[A2]4小節(左手は上と同じ「ド」のみ)
|ソミミミ|ファレレレ|ドミソソ|ミミミー|

[B]4小節(注意、左手は「ソ」の音に変わります)
|レレレレ|レミファー|ミミミミ|ミファソー|

[A3]4小節(左手は「ド」の音に戻ります)
|ソミミミ|ファレレー|ドミソソ|ミミミー|

以上で16小節ですね。

♪<メロディー各音>と<コード>

これまでのように、
右手はメロディーをコードと共に弾きます。
(メロディーの音が1番上にくるようにコードを弾く)
以下を参考にして下さい。

メロディー「ド」の時、コード「ミソド」
メロディー「レ」の時、コード「ファラレ」
メロディー「ミ」の時、コード「ソドミ」
メロディー「ファ」の時、コード「ラレファ」
メロディー「ソ」の時、コード「ドミソ」

<左手ベース>
[A1][A2][A3]
[A]は、すべて「ド」の音だけを4分音符で弾きます。
4拍子ですから1小節に4つですね。
オクターブで弾いて下さい。

ジャズらしく弾くコツは、4分音符を
「タンタンタンタン」と短く切らずに
「ターターターター」のように1拍をネバること。

[B]のみベース「ソ」の音に変わります。
今回初めて左手ベースが1度以外の音を弾きます。
各キーの5度の音を弾いて下さい。
ここでは「キーC」ですから「ソ」です。

「ソ」の音を2拍目と4拍目に弾きます。
1拍目と3拍目は休みます。
「ソ」の音は「オクターブ」で弾いて下さい。
 手が小さくてキツイ人は単音でもいいです。

では、楽しんで弾きましょう。
慣れてきたら右手をシンコペーションなどで
少し変奏して楽しんで下さい。
気分はジャズ・ピアニストです。

       ☆

「キーC」で弾けるようになったら、
 すべてのキーでも練習しましょう。

各キーで使う右手の2つのコードは、
今まで通りですからわかりますね。

[A]で使うベース音もわかりますね。
 各キーの1度の音のみでしたよね。

[B]で使うベース音は、各キーの5度の音。

「キーF」の時は、1度「ファ」、5度「ド」
「キーB♭」の時は、1度「♭シ」、5度「ファ」
「キーE♭」の時は、1度「♭ミ」、5度「♭シ」

以下は自分でやって下さい。
今までの練習が出来ている人ならわかりますよね。

terusannoyume at 23:59│Comments(7)TrackBack(0) 愛と感謝の即興演奏法 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by スズラン   2007年08月16日 18:09
ぜひトライしてみます。
(6)はどうも頑張っても、ジュニアに負けそうなのでこちらで勝負です。そろそろジュニアにもテルさんのブログを見ても良いよって言わないとジュニアも対戦してくれないかもしれませんので・・
2. Posted by テルさん   2007年08月17日 13:50
そんなこと言わないで(6)も勝負して下さいよ。表現力では勝つかもしれませんよ。人生経験が豊富な方が。。。
それと敗者の気持ちを楽しむこともスズランさんには必要なことかも?勝気が強い性格?
ジュニアにも早くブログ見せてあげて下さいね。せっかくいろいろな話題を提供しているのですからね。
3. Posted by スズラン   2007年08月17日 15:56
うひゃひゃ勝気な私に戻り始めたかも。音楽は大好きでも自分自身が演奏して楽しむことを避けていたのです。それが自分も楽しめそうだと思うと何故か勝ち目の無いジュニアに勝負したかったのですが、やはり負けを認めてジュニアに今教わりました。なんだか肩の荷がおりた気分です。ジュニアは、直ぐに1度と2度の展開だけだからこうやって考えれば直ぐに弾ける、その中で右手でメロディーもしっかり和音と共に入れると楽しいよと又簡単にCDFGのキーで弾いたり、私には分からないコードで弾いたりして足を組みながら弾いていたのです・・・。
4. Posted by スズラン   2007年08月17日 16:03
続きです。
でも、ジュニアも今、グループレッスンを月2回ほどだけでアンサンブルにも参加せずと言う事でやはり楽典の勉強を怠っているので、前より出来なくなっていると言っています。私なんかピアノのタッチも頭で分かっていても弱いし、何とか弾いている感じですよ。でも、久しぶりに出来ないですが、楽しいですよね。ジュニアにもブログ解禁します。今、ジュニアは、コンクール曲練習しているようですので、私はピアノを触ることが出来ませんせっかく、ノリはじめた私なのですが・・・。邪魔だと言われました・・・。
5. Posted by テルさん   2007年08月18日 03:59
コンクールが終るまでは邪魔しないようにしましょう。それ以後はスズランさんも音楽を楽しんで下さい。
ピアノ取り合いになるようならエレキピアノでも買いますか?最近は10万以下でも売っていますよ。(ピアノタッチのもので)ヘッドホーンも使えるしね。
とにかくピアノ自由に弾けたら楽しいですよね。少しずつ遊んで下さい。
6. Posted by スズラン   2007年08月18日 15:17
コンクールが終わるまで少しお預けにします。きっと、しつこく、質問したり、出来ないのに色んなキーで弾こうとしたから、イライラきたかもしれません。子供みたいだと呆れてましたから夏休みに入って毎日朝起きたら、愛犬の散歩をジュニアはしてくれるのですが、アゲハチョウが必ずついてくるらしいです。最近は、トンボも自分の顔の周りをずっとまとわり付いてきて日課になってるらしいですよ。
7. Posted by テルさん   2007年08月19日 16:04
さすが天才ジュニア。いい波動を出しているので虫さんたちとも友達になれるのですね。私もそうなりたい。そういう人が弾くピアノの音はいい波動を出すので人々を癒すのです。私が将来ジュニアに「ヒーラーに」と言ったのは、なにも病気を治す専門家ではなく、音楽家なのだけれど演奏の結果、人々を癒している。
そんな音楽家になって欲しいということです。その才能があるということです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
坂元輝(さかもと・てる)
「渡辺貞夫リハーサル・オーケストラ」で、プロ入り(21歳)。
22歳、自己のピアノ・トリオでもライヴ・ハウスで活動開始。
23歳、「ブルー・アランフェス」テリー・ハーマン・トリオ(日本コロムビア)
以後19枚のアルバム発売(現在廃盤)。
28歳、ジャズ・ピアノ教則本「レッツ・プレイ・ジャズ・ピアノ/VOL.1」
以後14冊(音楽之友社)現在絶版。
ネットで高値で取引されている?
(うそ!きっと安いよ)
他に、2冊(中央アート出版社)。
音楽指導歴40年。
プロから趣味の人まで対象に東京、京都にて指導を続けている。
Archives
カプースチン・ピアノ曲集